「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレック、「007」次回作にて悪役に抜擢か

ラミ・マレック
ラミ・マレック

人気スパイ映画「007」シリーズの次回作「Bond 25」にて、「ボヘミアン・ラプソディ」でアカデミー賞を獲得したラミ・マレックが、悪役に抜擢される可能性が報じられた。

「007」シリーズ次回作は、記念すべき25作目の作品だ。主人公ジェームズ・ボンド役は、ダニエル・クレイグが続投。ボンドガールは主演クレイグ本人の希望により、前作「007 スペクター」(2015)に次いで、レア・セドゥが再びマドレーヌ・スワン役を演じる。

Varietyによれば、本作は現在、キャスティングを進めており、「MI6の新人エージェント」および、「メインの悪役で、CIAエージェントのアメリカ人」を演じる女優2名を探している真っ最中だという。

関係者は同メディアに対し、ビリー・マグヌッセン(映画「ブリッジ・オブ・スパイ」)が、CIAの諜報員役での候補として名前が挙がっていると発言。現時点では本決まりではないものの、本作のキャリー・フクナガ監督とはすでに、「マニアック」(NETFLIX)で組んだ経験があることも彼の強みだ。

さらに同メディアは、ボンドと敵対する悪役で、ラミ・マレックへの関心が増している伝えている。マレックには今後、主演ドラマ「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」最終シーズンの撮影が控えているため、スケジュールの都合が懸念されるが、スタジオ側がなんとか調整すべく動いているという。

本作は当初、ダニー・ボイルが監督として決定していたが、昨年8月に、制作面での食い違いを理由に脚本家とともに降板。後任として、キャリー・フクナガ監督が、アメリカ人として初めてシリーズを率いることが決定した。

すでにレイフ・ファインズ(M役)、ベン・ウィショー(Q役)、ナオミ・ハリス(ミス・マネーペニー役)ら、シリーズレギュラー陣も同じ役柄での出演が決定済み。「007」シリーズ25作目となる「Bond 25」は、2019年3月に撮影をスタート、2020年2月の公開が予定されている。

『パピヨン』

アカデミー賞主演男優賞受賞のラミ・マレック最新作「パピヨン」、6月21日公開決定! 45年ぶりに映画化される脱獄映画の金字塔

2019年2月28日

ラミ・マレックの蝶ネクタイを直せ! レディー・ガガも苦戦、結局曲がったままのネクタイにネットが癒される[写真あり]

2019年2月26日

ラミ・マレック、アカデミー賞受賞直後にステージから落下していた! 救助隊が駆けつけるなど会場は一時騒然 [動画あり]

2019年2月26日
ラミ・マレック

ラミ・マレック、フレディ・マーキュリーの【名前】から勇気をもらった! 移民としての出自を誇る

2019年2月26日

「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレック&ルーシー・ボイントン、アカデミー賞授賞式で見せた映画さながらのロマンチックな光景に思わず感涙

2019年2月25日