グラミー賞、来年はなんとTikTokの部門が登場!? あるツイートにグラミー賞公式アカウントが反応し話題に

TikTok
TikTok

音楽最高峰の授賞式「グラミー賞授賞式」、来年は新たな部門が追加されるのではないかとウワサになっている。

日本時間3月15日(月)、音楽界最高峰のアワード「第63回グラミー賞授賞式」が開催。司会者をトレバー・ノアが務め、年間最優秀アルバム賞をテイラー・スウィフトの「folklore」が受賞。年間最優秀レコード賞はビリー・アイリッシュの「everything i wanted」、年間最優秀楽曲賞はH.E.R.の「I Can't Breathe」、新人賞はミーガン・ジー・スタリオンが受賞し、また多くの人気アーティストたちがパフォーマンスを披露し、新型コロナウイルスの感染対策をおこなう中でも大盛り上がりとなった。

そんな中、すでに来年のグラミー賞についてあることが話題になっているようだ。

若者を中心に世界的人気の動画共有アプリTikTokのツイッターアカウントが、グラミー賞を主催するレコーディング・アカデミーをタグづけし「ねえレコーディング・アカデミーさん、来年はぜひ授賞式でデュエットしましょう」とツイートしたのだ。これにレコーディング・アカデミーをいいねをつけたことから、来年TikTokに関係する部門が誕生するのではないかとウワサになっている。

TikTokでおこなわれているチャレンジ動画に曲が採用されると、その曲が世界的にヒットするという現象もあり、音楽界でもTikTokは重要な位置づけがされているのかもしれない。このウワサにネット上には「最優秀新人TikToker賞とか、年間最優秀TikTokerとかができるってこと?」「それだけTikTokの影響力が大きいということなのか」「これを導入したらグラミーもいよいよ終わり」といった様々なコメントが投稿されている。

BTS

BTS、グラミー賞受賞を逃したことについて超ポジティブなコメントを発表! 「ぼくたちが受賞できなかった理由は…」

2021年3月17日
ハリー・スタイルズ(左)、テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト&ハリー・スタイルズ、グラミー賞でどんな会話をした? ファンが口を読み内容を推測[動画あり]

2021年3月17日
ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ、グラミー賞で年間最優秀レコード賞を受賞した「everything i wanted」のパフォーマンス映像を公式YouTubeチャンネルにて公開[動画あり]

2021年3月16日
ナヤ・リヴェラ

昨年死去した「glee」ナヤ・リヴェラ、グラミー賞の追悼コーナーで名前が出ず 過去に2度ノミネート・・・ファンは憤慨

2021年3月16日
ビヨンセ

ビヨンセ、第63回グラミー賞にて4冠に輝く!キャリアトータル28度受賞で女性アーティスト最多受賞記録を樹立、受賞スピーチ全文和訳公開

2021年3月15日
tvgrooveをフォロー!