米アトランタで銃撃事件 アジア系女性ら含む8人が死亡 犯人は「人種差別が動機ではない」と供述するも、アメリカでのヘイトクライム急増がさらに問題視される

事件が起きたスパ
事件が起きたスパ

現地時間3月16日(火)、アメリカのジョージア州アトランタのピエモンテロード北東にあるマッサージ店で、21歳の男が銃を発砲。8人が殺害されそのうち6人がアジア系女性であったと報じられている。

保安官事務所によると、逮捕されたロバート・アーロン・ロング容疑者は、まず午後5時頃「ヤングス・アジアン・マッサージ・パーラー」で銃を発砲し、そこで4人が死亡、1人が負傷。亡くなった2人がアジア系女性で、残りの2人は白人の男女であったと報じられている。

さらにその1時間後、ロング容疑者はアトランタ北東部の同じくマッサージ店2店「ゴールドスパ」と「アロマセラピースパ」で発砲し、アジア系女性4人が死亡した。3つの事件はすべてロング容疑者による犯行とされ、また亡くなった8人のうち6人がアジア系女性であったことからヘイトクライム(憎悪犯罪)ではないかと推測された。

45分以内に6人のアジア系女性含む8人が死亡するという恐ろしい銃撃事件で、人々の怒りと悲しみが広がっている。16日の夜、ロング容疑者は逮捕され、「人種差別が動機ではない」と供述、彼は以前からこのマッサージ店に頻繁に通い、性依存症で誘惑を断ち切ることが動機として銃撃をしたと警察に語ったという。それでも亡くなったほとんどの方がアジア系であったことや、新型コロナウイルスの感染拡大以降、アメリカではアジア系の人を狙ったヘイトクライムが増えていることから、世界中で「#StopAsianHate」(アジア人への憎悪をやめて)というハッシュタグが広まっている。

事件を受けアメリカのジョー・バイデン大統領は「アトランタでの銃撃被害を受けたすべての人に祈りをささげています。私たちはまだその動機を知りませんが、私たちがわかっていることは、アジア系アメリカ人のコミュニティーが今夜非常に苦痛を感じているということです。コミュニティーに対するこのところの攻撃は非アメリカ人です。彼らを止めなければいけない」とツイートした。

マーク・ラファロ、大坂なおみ

マーク・ラファロや大坂なおみなど、コロナ禍で広がるアジア人に対する差別的攻撃に声をあげるセレブたち

2021年3月18日
ケイティ・リューング

『ハリー・ポッター』チョウ・チャン役ケイティ・リューング、人種差別的いじめを受けていたことを告白 広報担当者にはそれについて黙らせていたことも明らかに

2021年3月12日
差別的ジェスチャーをしたカリフォルニアの高校教師

カリフォルニアの高校教師がアジア人を差別するジェスチャーをして炎上! 「目が吊り上がれば中国人、下がれば日本人」と言っている動画が拡散[動画あり]

2021年3月3日
tvgrooveをフォロー!