エマ・ストーン主演『クルエラ』、ディズニー映画ではめずらしいPG-13指定に! 原因は、DC映画『ジョーカー』にあった…?

クルエラ
『クルエラ』インスタグラムより

ディズニーが『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンを主演に迎え、名作アニメーション『101匹わんちゃん』のヴィラン(悪役)クルエラの誕生秘話を実写映画化した、最新作『クルエラ』。本作がなんと「暴力&テーマ」コンテンツとしてPG-13指定を受けた

アメリカ映画協会によって定められたレーティングシステム。「R指定」は17歳未満のは保護者の同伴が必要となり、「PG-13指定」は13歳未満の鑑賞に保護者の注意を促すレーティングだ。なお、アメリカのレーティングと日本のレーティングには若干の差がある。

ディズニー最新作である『クルエラ』は、ディズニー映画としてはかなりめずらしい、PG-13指定を受けると報じられた。このレーティングは、映画協会のCARA委員会(Classification and Ratings Administration)によって定められている。本作は、パンクムーブメント吹き荒れる70年代のロンドンを舞台にに、デザイナーを目指す一人の少女・エステラが野望に燃えながら働き続けるが、カリスマ的なファッションデザイナーのバロネスとの出会いで運命を変えていくというストーリーだ。

前述した通り、このレーティングはディズニー映画ではめずらしいが、前代未聞のことではない。『パイレーツ・オブ・カリビアン』は、ディズニー映画として初めてPG-13指定となり、また去年話題となった実写版『ムーラン』も戦争シーンでの暴力描写によりPG-13指定となっていた。

先日、『クルエラ』の予告編が公開された際、その直後に、DC映画で物議を醸した『ジョーカー』や『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』と比較する声がネット上で相次いだ。そのため、DCの悪役映画との比較が、このレーティングになるきっかけになったのでは?というウワサも浮上している。『ジョーカー』といえば、孤独だが心優しかった男が「悪のカリスマ=ジョーカー」に変貌していく様を衝撃的に描いている。中には過激なシーンも多々含まれており、監督のトッド・フィリップスは、ホアキン・フェニックス(ジョーカー役)の即興演技が過激すぎて削除したということも語っていたほどだ。

ディズニーがDC映画と同じような悪役路線でいくのであれば、このPG-13指定は正当だといえるだろう。『クルエラ』の全米公開は 5月28日を予定している。

『クルエラ』

ディズニー史上最も悪名高きヴィランの“誕生秘話”を描く『クルエラ』、初公開シーン満載の最新映像が解禁[動画あり]

2021年3月17日
『クルエラ』エマ・ストーン

『クルエラ』予告で話題のエマ・ストーン、すっかりお腹が大きくなった姿をパパラッチされる!出産はもうすぐ?[写真あり]

2021年2月22日
クルエラ

エマ・ストーン主演、ディズニー史上最も悪名高きヴィラン『クルエラ』特報&ティザーポスター解禁[動画あり]

2021年2月19日
映画『クルエラ』

エマ・ストーンが豹変!?『101匹わんちゃん』の悪役クルエラの実写映画『クルエラ』の予告編がついに公開! パンチの効いたスタイルに注目[動画あり]

2021年2月18日
エマ・ストーン

エマ・ストーン主演『クルエラ』の新たなイメージが公開!グラム・パンク時代のマドンナのようなルックスにファン大興奮[画像あり]

2021年2月17日
tvgrooveをフォロー!