ジョニー・デップ、最新作『シティ・オブ・ライズ』はなぜ公開までにここまで時間がかかったのか 水面下で起きていた問題とは・・

ジョニー・デップ
ジョニー・デップ

数年前に発表されていながら進展をみせていなかった、ジョニー・デップ主演の最新クライム映画『シティ・オブ・ライズ』だが、先日ついにリリースされることとなった。『シティ・オブ・ライズ』はランダル・サリバンのノンフィクション「LAbyrinth」を原作とした、1997年に発生し未解決となっている「ヒップホップ史上最悪の事件」といわれるラッパー2PacとノートリアスB.I.Gの暗殺事件とこの捜査に挑む警官を描いた物語だ。ジョニー・デップはロサンゼルス市警察の警官ラッセル・プールを演じる。

この映画は2017年5月には完成していたにもかかわらず、全米の劇場で公開されるようになったのは今年3月19日からだ。なぜここまで時間がかかってしまったのだろうか。

ハリウッド映画の公開が延期される際、その理由が公表されことはあまりない。今作の配給会社であるSaban Filmsや他に映画に関わった製作会社も同様の対応だった。その中でも、有力とされる説がいくつかある。

『シティ・オブ・ライズ』は当初、2018年9月7日に公開を予定していたが、その1か月前に延期が発表された。ジョニー本人と監督のブラッド・ファーマン、そしてプロデューサー数人がロケーションマネージャーであるグレッグ・ブルックスから訴えられていたという。グレッグ・ブルックスは怒ったジョニーからセット内で体当たりされ、訴訟に発展させないようにと諭されたことを拒否したことから解雇されたと主張していた。なお当時その場にいた複数のスタッフは、ジョニーとグレッグの間で口論はあったものの身体的な攻撃はなく、撮影も再開されたと語っている。

また、公開の延期にはジョニーと元妻アンバー・ハードとの間で怒っているドロ沼離婚裁判も関係してるのではないかとされている。この裁判でジョニーはアンバー・ハードに家庭内暴力をふるっていたと訴えられていた。なおこの裁判の影響でジョニーは『ファンタスティック・ビースト』シリーズのグリンデルバルド役を降板している。

この他にも映画の公開にロサンゼルス市警察が難色をしめしていたという話も出てくるなど、今回の延期にはさまざまな原因が考えられる。これらを踏まえて映画を見てみると、何か新たな発見があるかもしれない。

ジョニー・デップとアンバー・ハード(2016年)

ジョニー・デップ、名誉棄損裁判で上訴するも棄却されたことが明らかに! 元妻アンバー・ハードを「金目当ての女」と訴えるも「女性差別的だ」と言われる事態に

2021年3月26日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、自宅に強盗が入る! しかし犯人は金銭を取らず「〇〇を楽しんだ」[写真あり]

2021年3月22日
The Art of Elaysium Presents Vivienne Westwood & Andreas Kronthaler's 2016 HEAVEN Gala Featuring: Amber Heard, Johnny Depp Where: Culver City, California, United States When: 10 Jan 2016 Credit: FayesVision/WENN.com

ジョニー・デップ、元妻アンバー・ハードの順調な女優業に激怒!? ジョニーとアンバーのそれぞれの俳優業に大きな差が・・

2021年2月25日
ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)

ジョニー・デップを『パイレーツ・オブ・カリビアン』に復活させて!ファンの請願書がオドロキの署名数を集める

2021年2月17日
ジョニー・デップと、イーロン・マスク

ジョニー・デップ、元妻アンバー・ハードとの裁判でイーロン・マスクの召喚を要請! カギとなるのはイーロンとアンバーの会話・・?

2021年2月17日
tvgrooveをフォロー!