エリオット・ペイジ、トランスジェンダーをカミングアウト&離婚報道後初めてパパラッチされる[写真あり]

エリオット・ペイジ
エリオット・ペイジ

『JUNO / ジュノ』『ローラーガールズ・ダイアリー』などで知られ、エレン・ペイジから改名したエリオット・ペイジ(34)。彼女は2020年12月にトランスジェンダーであることを公表。さらには離婚申請中と報道が出ているが、そんなエリオットが報道以来初めてパパラッチされた。

エリオットは現地時間4月19日日曜日の午後、フランネルのシャツに黒のパーカー、ジーンズに茶色のブーツを履いて、ペットの犬を連れカジュアルな散歩を楽しんでいるところを撮影された。

 

この投稿をInstagramで見る

 

✨em✨(@m.hargreeves_art_)がシェアした投稿

エリオットといえば2018年に結婚した妻でプロダンサーのエマ・ポートナー(26)との離婚を申請。ふたりは今年1月に共同声明を発表し「昨年の夏に別居した後、熟考の末、私たちは離婚という難しい決断を下しました。私たちはお互いに最大限の敬意を払い、親しい友人であり続けます」とコメントしていた。

またエリオットは昨年12月にトランスジェンダーで公表した際、エマ・ポートナーは、エリオットを支持し「とても誇りに思う」と述べていた。当時エリオットは、ソーシャルメディアで「こんにちはみなさん。私はトランスジェンダーとして、代名詞は彼(he)/彼ら(They)で、私の名前はエリオットであることをお伝えします。これを書いていること、ここにいること。人生でこの地点まで到達できたことは幸運だと感じています」「この旅で私を支えてくれたすばらしい人々に、この上なく感謝の気持ちを感じます。自分が本当の自分を追求するのに、十分に自分を愛せるようになったこのすばらしさは、言葉では言い表せないほどです」とつづっていた。

エリオット・ペイジ

トランスジェンダーであることを公表したエリオット・ペイジが、乳房切除の手術を受けたことを告白! カミングアウト後初のインタビューが話題に 「私は完全に私らしくいます」

2021年3月18日

「異性にのみ魅力を感じる」若者は約半分のみ! セクシュアリティに関する調査で新たな結果、「“異性愛者でいなければならないというプレッシャー”が減っている」

2021年3月2日
エリオット・ペイジ

エリオット・ペイジ、トランスジェンダーをカミングした後のファンのサポートに感謝!「心の底からありがとう」

2020年12月21日
エリオット・ペイジ(元エレン・ペイジ)

エレン・ペイジがトランスジェンダーであることを公表! 今後は改名しエリオット・ペイジに さらにトランスの人々が直面している差別についても語る

2020年12月2日
tvgrooveをフォロー!