世界の大手レーベルから楽曲リリースで大注目! 「アジアで最もセクシーな女性DJ」の1人にも選出された、大注目の日本人DJのTIARAの魅力に迫る! DJになったキッカケは?&コロナ禍での苦労も

DJ TIARA
DJ TIARA

「アジアで最もセクシーな女性DJ」の1人にも選出された、大注目の日本人DJ TIARA(ティアラ)

今年2月に人気DJ/プロデューサーのHardwell(ハードウェル)のレーベルから、楽曲「The Way It Was」の公式リミックスをリリースすると、国際的なチャート「Beatport」で上位にチャートインするという記録を打ち立て、さらに4月16日には、ダンスミュージックのスター Ladiback Luke(レイドバック・ルーク)のレーベルから新曲「Love Got You」をリリースするなど、世界で活躍している。

そんなDJ TIARAとはいったいどんな人物なのか。これまでの軌跡を振り返りながら、現在の世界的活躍、コロナ禍での苦労、そしてそのポジティブさと魅力にせまってみた。

DJ TIARAって一体何者・・?

DJ TIARAとはいったいどんな人物なのだろうか。

DJ TIARAは約10年間に渡り、DJだけでなく、ダンサー、モデル、イベント・プロデューサーとしてマルチに活躍し、キャリアを積み上げてきた。

その魅力的な容姿とステージ・パフォーマンスで、国内はもちろん海外での評価も高く、音楽業界内における最重要アーティストとして注目を集め、昨今ではDJ/プロデューサーとして、国内外を代表するシーン最先端のクラブにてプレイし、世界的な旋風を巻き起こし、世界各国のクラブシーンから引く手数多の存在に。

 

この投稿をInstagramで見る

 

?????(@djtiara_jp)がシェアした投稿

「アジア圏内で最もセクシーな女性 DJ」の1人として選出!

DJ TIARAは、そのセクシーさでも注目を集めている。

2019年に「アジア圏内で最もセクシーな女性 DJ」の1人として選ばれ、「DjaneTop」「EDMdroid」「FDJ List」「TopDjaneMag」といった世界のトップ・フィメール DJをランキング形式にて発表するサイトにて、トップ100に選出されている。さらに「TopDjaneMag」では、2年連続で日本人女性DJのトップの座に輝いている。

実はこういった世界ランキングに日本人が選出されるのは、珍しいことだという。それだけ彼女の実績が、世界規模で認められている証拠なのだろう。

「世界で最もセクシーなDJランキング」(2020年)では、堂々4位にランクイン↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

?????(@djtiara_jp)がシェアした投稿

日本人で初めて「TopDjaneMag」の表紙を飾る↓↓

DJを目指したキッカケはAviciiのステージ

DJ TIARAがDJになるキッカケとなったのは、今は亡き人気DJ/プロデューサーのAvicii(アヴィーチー)だったという。

2014年末、イビザでAviciiのステージを見たDJ TIARAは感銘を受け、自分もこんな風に人々を楽しませたい、海外で仕事をしたい、楽しいことを仕事をしたいと決意。DJスクールに通い、キャリアを積み上げていった。現在の彼女の音楽スタイルもAvicii、Armin van Buuren、Tiestoらに影響を受けているという。

DJデビューまでの道のりについてDJ TIARAは「どうせやるなら世界のトップになろうと思って始めたのですが、やみくもにDJするだけじゃ無理だとわかってたので、DJデビューする半年前からDJスクールに通ったり、国内のクラブにできるだけ毎日通ってクラブ業界やDJ業界の仕組みを勉強しました」と、地道にコツコツと努力してきたことを明かした。

さらに「DJもミュージシャンと同じで音楽事務所に所属している方も多いのですが、世界のトップを目指すならフリーしかないと思ったし、フリーでいくならどんな行動を取るのがいいか毎日考えてました。当時六本木にあった外国人御用達の『Feria』というクラブにもよく行って、海外のコネクションを深めました。準備と勉強を半年しっかりしてからDJを始めたので、誰にも流されず囲われず独自のやり方でここまで来ることができました。あの半年間はとても重要だったと思います」と、世界のトップを目指すためにフリーを選択し、努力はもちろん、人脈作りの重要性についても明かした。

それから2015年に六本木MAHARAJAにてDJとしてデビュー。そこからわずか8か月で新木場 ageHaのアリーナにてメインDJに大抜擢される。これまでに、カナダの「Fomula 1」をはじめ、中国、台湾、香港、マカオ、インドネシア、シンガポール、マレーシア、フィリピン、インド、タイ、カンボジア、アラブ首長国連邦など、なんと世界全17カ国にも及ぶ数々の国際的に有名なクラブ、フェスティバルでプレイしてきている。

DJ TIARAというステージネームをつけた理由は?

DJ TIARAは、この「TIARA」というステージネームにもこだわりがあるという。

「TIARAというアーティストには誰よりもキラキラ輝いて、みんなを明るくハッピーな道に導けるようなアーティストになってほしいと思ってTIARAにしました。響きもとてもいいから気に入っています。TIARAという名にふさわしいアーティストになれるようにがんばりたいです」とその理由を明かしている。

成功には“強運”も不可欠!? 「私とにかく運がよくて・・」

成功する人は運も味方につけると言うが、彼女もそれに当てはまるようだ。

自身についてDJ TIARAは「私自身もよくわからないんですが、DJを始めてから不思議なくらい運がいいんです。とにかく運が良くて、行動する度に毎回不思議なことがたくさん起きます。例えば一人で海外のクラブやフェスに行ったらたまたまArmin van buurenやOliver Heldens、DJ snake、NASなど世界トップアーティストとそのクルーと会って話す機会があったり、写真を撮れたり。マカオにいた時にはTiestoと彼のクルーとご飯を食べて神社に行けたり。その時の映像はTiestoのAsia tourのyoutubeにも公開されています」と語っている。

TiestoのYouTube動画にもDJ TIARAの姿が収められている↓↓

さらに「そういうたまたまの出会いがすごく多いんです。これらがキッカケで海外ブッキングに繋がったり、海外の国営放送に出たり、最初は『私って運がいいなぁ〜』と思ってたんですが、ずっと運がいいので最近は不思議だなぁと思ってます。不思議すぎて何か意味があるのかなって」と、明かしている。彼女の情熱と、努力、そしてその行動力が、運をも味方にしているのかもしれない。

コロナ禍で大ピンチ! その時彼女は・・

着々とキャリアを積み上げ、順風満帆に思われたDJ TIARAだが、去年コロナ禍で大打撃を受けてしまう。

DJとしての仕事が劇的に減ってしまった彼女は、DJと関係のない仕事もこなすことに。しかしその間もDJのための努力はおしまない。コロナが落ち着いたときにまたたくさん仕事ができるよう、地道な営業をおこなっていたという。

さらに、海外アーティストらとの仕事を増やすため、英語を使ってのやりとりも積極的におこなったと明かしている。

レコーディングスタジオにて↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

?????(@djtiara_jp)がシェアした投稿

コロナ禍を乗り越え、快進撃! なんと世界のレーベルから次々と楽曲リリース決定!

そんなDJ TIARAであったが、今年から怒涛の快進撃が始まった。

2月には人気DJハードウェルのレーベル「Revealed Recordings」から、Lost CapitalとCr3on、そしてフィーチャリングでJoselyn Riveraが参加した「The Way It Was」の、Swatcatとコラボした公式リミックスをリリース。同リミックスは、国際的なチャートである「Beatport」で上位にチャートインし、「Asian EDM charts」では2021年2月付けで第10位にまで登りつめるという快挙を果たした。

【音源】Lost Capital & Cr3on feat. Joselyn Rivera - The Way It Was (Swatkat & Tiara Remix)

さらに4月16日には、ダンスミュージックのスター レイドバック・ルークのレーベル「Mixmash Records」より、再びSwatkatとのコラボ曲「Love Got You」をリリース。どこか哀愁漂うメロディーと、心に響くビートがとってもクールな作品となっている。

【音源】Swatkat & Tiara - Love Got You

 

DJ TIARAの2021年の目標

今年もまだまだ新型コロナウイルスの影響により、打撃を受けている音楽業界。それでもDJ TIARAはそれをバネにし、前進する気持ちを忘れていない。

新型コロナウイルスの感染拡大以降、アーティストとして何か変わったことがあるかについて、DJ TIARAは「コロナによってDJができなくなり、アーティストとしても人としても自分をよく見つめ直すいい機会になりました。色々なことを考えて悩んだ結果、自分を強く持たないと生きていけないと強く思いました。2021年は私にとってとても大切な意味のある1年になると思います」と、前向きな姿勢を見せている。

また、今後の活動についてDJ TIARAは、「今年は楽曲制作に力を入れています。今年2月には、Hardwell(ハードウェル)主宰のレーベル「Revealed Recordings」からSwatkatと共に Lost Capitalのトラック「The Way It Was」のリミックスをリリースして、4月はオランダのLadiback Luke(レイドバック・ルーク)主宰の「Mixmash Records」から、こちらもSwatkatとのコラボ作として「Love Got You」をリリースしました。そして次に契約するレーベルは、Don Diabloの『Hexagonhq』です。今年はたくさんリリースがあるのでみなさん期待していてください!夏には大きなフェスの出演がいろいろと決まってきてるので、出演情報もSNSでチェックしてくださいね」と、コメントしている。

DJを志す人へのアドバイス&読者へメッセージ

DJ TIARAに、DJを志す人へのアドバイスを聞くと「人とのつながりを大切にしてほしいです。そして一緒に仕事をしたくないなと思う人とは無理して仕事をしなくていい。私もノーギャラでいじめがあるような現場には行かないようにしていました。それもあって生意気だと陰で言われたこともあったけど、自分を貫いてここまで来ました。DJを志す人にも、自分の信念を大切にしてほしいです」と、力強いメッセージを送ってくれた。

そして最後にTVグルーヴの読者へ「TVグルーヴの読者のみなさんこんにちは。DJ TIARAです。つらいことはいっぱいあるけど、笑顔でいればいいことあるから。こんな時代だけど、一緒にがんばっていきましょう!」と、ポジティブなメッセージも送ってくれた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

?????(@djtiara_jp)がシェアした投稿

夢は世界一の女性DJになり、トゥモローランドなど世界的大きなフェスのメインステージのトリを飾ることだと明かすDJ TIARA。今後も大手レーベルから新曲をリリースすることを予定しており、DJ TIARAの活躍から今後も目が離せない。

 

この投稿をInstagramで見る

 

?????(@djtiara_jp)がシェアした投稿

リリース情報

新曲「Love Got You」配信中

ダウンロードリンクはコチラ⇒ https://mixmashbold.lnk.to/LoveGotYou

その他リンク

【公式サイト】http://dj-tiara.club

【公式ファンサイト】https://tiaratypinsky.fensi.plus

【公式フェイスブック】https://www.facebook.com/DJTIARAJapan/

【公式インスタグラム】https://instagram.com/djtiara_jp?igshid=1i33px7axrqu2

【公式ツイッター】https://twitter.com/Djtiarajp

【Youtube】https://www.youtube.com/channel/UCdRSmQi1u-wwgfJDw7Vg65g

【Mix cloud】

【Sound cloud】https://soundcloud.app.goo.gl/j6JEBEot8R58G9ef8

tvgrooveをフォロー!