『スター・ウォーズ』のスピンオフドラマ「マンダロリアン」、解雇したお騒がせ女優をエミー賞ノミネートのためPR!?

ジーナ・カラーノ
ジーナ・カラーノ

3ヶ月前、SNSでの不適切な発言が原因でルーカスフィルムから人気ドラマ「マンダロリアン」シリーズへの出演を解雇されたジーナ・カラーノ。そんな彼女がなんと、2021年のエミー賞にノミネートされるという。

CNFTが報じたところによると、先週日曜にディズニーが公開した「マンダロリアン」シーズン2からの出演者をPRするポスターにて、主演男優賞のペドロ・パスカルや助演男優賞のジャンカルノ・エスポジート、テムエラ・モリソンにつづいて助演女優賞にジーナ・カラーノの名前が記載されているのだという。なおゲスト出演者にはロザリオ・ドーソンやマーク・ハミルら18名の名が連ねられていた。

かつて格闘家として活躍していたジーナ・カラーノは、「マンダロリアン」シリーズで女戦士カラ・デューン役に抜擢された。しかし今年2月、SNSでの発言がきっかけでルーカスフィルムより「文化的かつ宗教的なアイデンティティーに基づく人々を中傷している」として解雇されていた。

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス) 入会方法はこちら↑

特に物議をかもしたのが当時の政治的背景とナチスドイツを比較したもので、「ユダヤ人は道端で暴力をふるわれていた。ナチスではなく、隣人によって。その中には子どもも含まれていた。歴史は書き換えられてしまうから、ナチスの軍人が簡単にユダヤ人を集められるようにするために、ユダヤ人達が隣人たちから嫌われるように最初に仕向けたのは政府だということを今やほとんどの人が知らない」というものだった。この発言は現在削除されている。

カラーノのこの発言は番組の降板だけでなく、製作される予定だったハスブロのアクションフィギュアの計画もボツになった。しかしカラーノは謝罪するどころか、ルーカスフィルムの重役たちを「いじめっ子」扱いしたのだ。

彼女は保守系コメンテーターのベン・シャピーロに対し、The Daily Wireのインタビューにて「あの会社にいじめられたのは私だけじゃないわ。私はそれをとてもよく知っているの」と語っていた。

ジーナ・カラーノ

ディズニーCEOボブ・チャペック、株主総会で「マンダロリアン」ジーナ・カラーノの解雇に言及! 株主に「キャスティングに“ブラックリスト”は存在する?」と聞かれると・・

2021年3月11日
ビル・バーと、ジーナ・カラーノ

「マンダロリアン」ビル・バー、元共演者で解雇されたジーナ・カラーノを「彼女は間違いなく優しい女性」と擁護! さらに「おかしな時代だ」と言った理由とは・・

2021年3月4日
ジーナ・カラーノ

不適切発言で「マンダロリアン」をクビになったジーナ・カラーノ、「ディズニーにいじめられた」と発言! さらに今後も闘う姿勢を見せる

2021年2月24日
ジーナ・カラーノ(左)、ペドロ・パスカル

「マンダロリアン」解雇のジーナ・カラーノ、主演のペドロ・パスカルも彼女に過去「忠告」していた! 今後の再キャスティングはどうなる・・・?

2021年2月17日
ジーナ・カラーノ

不適切なSNS投稿で「マンダロリアン」を解雇されたジーナ・カラーノが反撃! なんと新作映画プロジェクトへの参加を発表 彼女を救ったある企業とは・・

2021年2月15日
tvgrooveをフォロー!