ヘンリー王子&メーガン妃夫妻、音楽配信サービス「Spotify」と巨額契約でミュージシャンたちが激怒!? その理由とは・・

メーガン妃とヘンリー王子
メーガン妃とヘンリー王子

先日、ヘンリー王子メーガン妃が2500万ドル(約27億円)で音楽配信サービス「スポティファイ(Spotify)」と契約し、ポッドキャスト番組をスタートすることが発表された。これに海外のミュージシャンたちが怒りをあらわにしている。

現在、多くのミュージシャンたちが音楽ストリーミングサービスに参加しているが、1ストリーミングされるごとに得られる報酬はわずか1セント以下だと言われている。この現状を改善するため、ポール・マッカートニーやクリス・マーティン、ケイト・ブッシュ、ロバート・プラント、スティーヴィー・ニックスらイギリスの大物アーティストたちが今週、イギリス政府に対して申し立てを行った。

そんな中「Spotify」の重役オラシオ・グティエレスが、ヘンリー夫妻による道徳的なポッドキャスト番組により契約者が増えれば、苦境に立たされているミュージシャンが救われ、「好循環」が生まれると発言し、火に油を注ぐ事態となっている。

シンガーソングライターのカラム・ガードナーはStar誌の取材に対し、「僕は12歳の頃から曲を書いてきた」とし、「Spotifyからは支払いを受けていない。Spotifyに提供する曲を作るためにかかった経費を考えると全く割に合わないんだ。とても厳しいよ。でもSpotifyは巨大な力を持っているし、どういうわけかアーティストがみんな同意しているから、なすすべがないんだ」と苦しい立場にあることを訴えた。

さらに若いミュージシャンは、Spotifyがヘンリー王子夫妻に巨額の契約金を支払ったことについて、「道義に反するひどい仕打ち」だと語る。彼は取材の中で「Spotifyがやったことは非論理的だよ。僕たちがSpotifyで1回再生されるたびに支払われるのは0.0038ポンドなんだ。にもかかわらず、ヘンリー王子夫妻には数百万ドルも支払えるなんて!」と怒りをあらわにした。

そして「実際、僕たちがもらっているような金額でポッドキャスト番組をやりたいなんていう人はいないと思う。ただ、ヘンリー王子夫妻が世界中でやってきたことを考えるとリスナーにとって番組が良い内容になることは違いないと思う」と語り、「でも去年は、ミュージシャンにとって特に厳しい1年だったんだ。収入の大部分失ってしまったアーティストも多い。本当にひどい仕打ちだよ」と苦しい胸の内を明かしていた。

ウィリアム王子と、ヘンリー王子

ウィリアム王子とヘンリー王子のわだかまりを和らげたのはあの人物だった・・? 「〇〇が2人のために一生懸命努力した」

2021年4月22日
クリッシー・テイゲンとメーガン妃

クリッシー・テイゲン、流産経験後にメーガン妃から連絡があったことを明かす「彼女はとても親切だったわ」

2021年4月21日
メーガン妃

フィリップ殿下の葬儀を欠席したメーガン妃、フィリップ殿下に追悼の意を込めた〇〇を送っていたことが明らかに

2021年4月19日
エドウィナ・バーソロミュー

オーストラリア人司会者、番組の中でメーガン妃に対し「もう黙ってて!」と言い放ち炎上 彼女がキレた理由とは・・

2021年4月17日
エリザベス女王と、メーガン妃

エリザベス女王、ヘンリー王子の妻メーガン妃がフィリップ王配の葬儀を欠席することをどう感じている? 王室の情報筋が意外なコメント

2021年4月15日

 

 

tvgrooveをフォロー!