『ミッション:インポッシブル7』、クライマックスシーンの撮影にロケ地の地元民が激怒!? その理由とは

『ミッション:インポッシブル』インスタグラムより
『ミッション:インポッシブル』インスタグラムより

昨年、コロナ禍で撮影がスタートしたトム・クルーズ主演の『ミッション:インポッシブル』最新作。これまで、新型コロナウイルス感染拡大の影響により撮影が何度も延期されるなど、さまざまな困難を乗り越えてきた本作だが、また新たな問題が勃発しているのだという。

映画『ミッション:インポッシブル』は、1996年から続く人気シリーズ。トム・クルーズ演じる敏腕エージェント、ご存じイーサン・ハントの活躍を描き、これまでにシリーズ6作を公開。近年ではトム自身による身体を張ったアクションも見どころのひとつとなっている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mission: Impossible(@missionimpossible)がシェアした投稿

Daily Mailが報じたところによると、『ミッション:インポッシブル7(仮タイトル)』のキャストとスタッフは現在、クライマックスのアクションシーンを準備中。これに対し地元民から苦情が出ているという。

 

※ここからは映画のクライマックスに関連するセットの状況が書かれています↓

 

 

トム・クルーズは今週、ノース・ヨークシャーでの撮影中に、動く列車の上で悪役と壮絶な闘いを繰り広げているところを目撃されていた。本作のクライマックスは、ダービーシャーの小さな村で撮影される予定なのだが、これに地元民から苦情が入っているようだ。問題のクライマックスのセットは、古い採石場の上に線路を作り、列車は線路を外れて採石場に落下しているのだという。この撮影に、地元に住む高齢夫婦は猛反対。「この地域は美しく静かな場所ですが、クルーズ氏とそのチームが現れたら、その雰囲気も崩れてしまうでしょう」「映画会社は、みんなの生活を混乱させる特権を得るために大金を払っているんでしょうね」とメディアに語った。

他にも異議を唱える人がいたようだが、撮影申請は承認され、制作会社のジュピター・スプリングスは混乱を最低限に抑えて撮影することを約束している。

『ミッション:インポッシブル』トム・クルーズ

『ミッション・インポッシブル』新作2作連続製作は断念!? 〇〇の変更が原因だと情報筋が証言

2021年2月17日
トム・クルーズ

『ミッション:インポッシブル』関係者、トム・クルーズとの仕事は「感動的だけど悪夢」と告白

2021年2月1日
トム・クルーズ

トム・クルーズ、『ミッション:インポッシブル』撮影現場のコロナ対策で巨額を費やし○○を購入!スタッフは「ターミネーターみたい」

2021年1月15日
ヴァネッサ・カービー

『ミッション:インポッシブル7』ヴァネッサ・カービー、共演者トム・クルーズの“暴言”は「みんなへのメッセージだと思う」

2021年1月12日
『ミッション:インポッシブル』トム・クルーズ

トム・クルーズ、『ミッション:インポッシブル7』の撮影をイギリスで再開!撮影場所はコロナの警戒レベル最大値

2020年12月29日
tvgrooveをフォロー!