『ファンタスティック・ビースト』最新作でジョニー・デップの後任となったマッツ・ミケルセン、ジョニーの演じ方をまねるつもりはないと断言! 「僕のやり方で演じる」

マッツ・ミケルセンとジョニー・デップ
マッツ・ミケルセンとジョニー・デップ

2016年に第1作が公開され、世界中で人気を集めているファンタジー映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズ。過去に公開された2作品で重要なキャラクターであるゲラート・グリンデルバルドを演じたのは俳優のジョニー・デップだった。しかし最新作では、ジョニー・デップが元妻アンバー・バードへのDVを報じたサン紙に対する名誉毀損訴訟に敗訴したことを受け、この役を降板。後任を俳優のマッツ・ミケルセンがつとめることが発表されている。

そんな中、先日Total Filmのインタビューに応じたマッツ・ミケルセンが、交代劇の裏側や独自の役作りについて語っている。

インタビューの中でミケルセンは、「続編というだけあって、直接的に比較されるだろうということはわかっているよ」とした上で、「だから、少しだけつながりのある部分は残しておくことにした。僕がゲラート・グリンデルバルドってわかってもらえるようにね。でも、僕の個性も出していくことにするよ」と続けた。

さらにマッツは、ゲラート・グリンデルバルドに対するデップの演じ方をそのまま真似るつもりがないことも明かしている。

そして「まだ彼が若い頃に初めて見てから、僕はずっとジョニー・デップのファンなんだ。でも、彼のやり方や要素を僕の役作りに取り入れるようなことはしない」と断言。「彼の演じたゲラートは彼のものだ。だから、僕自身のゲラートを見つけないといけない。彼のものとは違う僕のやり方で演じたいと思っているよ」と役への向き合い方を語った。

『ファンタスティック・ビースト』の3作目は2022年夏に公開が予定されており、主役のニュート・スキャマンダー役は前作に引き続きエディ・レッドメインがつとめる。

アンバー・ハードとジョニー・デップ(2016年)

アンバー・ハードの弁護士チーム、ジョニー・デップによるアンバーへの名誉棄損裁判訴訟を却下しようとしていることが明らかに

2021年4月25日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、新作映画『Minamata』のPRのため久しぶりに公の場に登場! 裁判に向けた新たな証拠も提出か・・[写真あり]

2021年4月18日
ジョニー・デップとマッツ・ミケルセン

『ファンタスティック・ビースト3』出演決定のマッツ・ミケルセン、ジョニー・デップとは「まだ話していない」[動画あり]

2020年12月22日
マッツ・ミケルセンとジョニー・デップ

『ファンタスティック・ビースト3』でジョニー・デップの後任となったマッツ・ミケルセンがその心境を初告白! 「架け橋がなければいけない」

2020年12月4日
tvgrooveをフォロー!