『スター・ウォーズ』オビ=ワン・ケノービ役ユアン・マクレガー、エピソード1~3が世間から評価されなかったことについてその心境を明かす! さらに当時CGを使った撮影は「退屈だった」

ユアン・マクレガー

現在制作が進行している『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフドラマ「オビ=ワン・ケノービ」。新三部作(エピソード1~3)から引き続きこの役を演じる俳優のユアン・マクレガーが、好意的に受け止められなかった新三部作に対する評価について、自身の受け止め方を明かしている。

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス) 入会方法はこちら↑

先日、The Hollywood Reporterのインタビューに答えたユアン・マクレガーは、「(新三部作が)いい評価を得られなかったのは、正直ツラかったよ。なんとも難しかった。一般的に高評価を得たとは言えなかったからね」と当時の心境を語った。

マクレガーは1999年の『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』でオビ=ワン・ケノービを初めて演じて以降、2002年の『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、2005年の『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』にも出演している。

当時の撮影では、監督のジョージ・ルーカスが最新技術CGIを取り入れグリーンバックを使って撮影していたことを振り返ったマクレガーは、「ジョージは最新技術が好きでね。しかもその分野を突き詰めるんだ。彼は背景に見えるものをどんどんコントロールしたがった」と撮影の裏側を語った。

そして「そんな撮影が3ヶ月も4ヶ月も続くと、同じようなシーンばかりで退屈になってくるんだ。リアリティが出ない。グリーンバックだとストーリーを深掘りするのにも限界が出てくるからね。とにかく難しかったよ」とCGを使った撮影での苦労を明かした。

なお現在撮影しているスピンオフドラマシリーズでは、「ステージクラフト」という最新技術が使われている。この技術についてマクレガーは、「巨大なLEDスクリーンに背景画像を映して、その前で演じるんだ。砂漠のシーンでは砂漠のど真ん中にいるように、雪のシーンでは真っ白な雪に囲まれているかのように、スターファイターのコックピットの中にいるシーンでは、まるで宇宙にいるかのように感じられる」とし、物語がより「リアル」に感じられると語っている。

ユアン・マクレガー

ユアン・マクレガー、『スター・ウォーズ』のスピンオフドラマ「オビ=ワン・ケノービ」は「エピソード1~3よりリアル」! その理由とは・・

2021年4月30日
ジャー・ジャー・ビンクス

『スター・ウォーズ』ジャー・ジャー・ビンクス役俳優、オビ=ワン・ケノービのスピンオフドラマへの出演のウワサについてコメント! 「もちろん出たい気持ちはあるんだけど・・」

2021年4月2日
ユアン・マクレガー(左)、クメイル・ナンジアニ

SWドラマ「オビ=ワン・ケノービ」のキャストがついに発表! 「シリコンバレー」クメイル・ナンジアニらが出演、撮影は4月に開始[写真あり]

2021年3月30日
インディラ・ヴァルマ

ユアン・マクレガー主演、『スター・ウォーズ』オビ=ワン・ケノービのスピンオフに、「ゲーム・オブ・スローンズ」のあの女優が参加決定

2021年3月2日

ユアン・マクレガーのオドロキの最新画像が公開! 『スター・ウォーズ』オビ=ワン・ケノービのスピンオフのための役作り・・?[写真あり]

2021年2月26日
tvgrooveをフォロー!