12年前のソニー・ピクチャーズあるのツイートが話題に! それは『スパイダーマン』の幻の作品に関する内容だった・・?

スパイダーマン
スパイダーマン

12年前にソニーが発信したツイートが今になって話題になっている。そのツイートとは、2009年3月に投稿されたものだった。

ソニーは当時「ソニー・ピクチャーズは2011年5月6日に『スパイダーマン4』をリリースします」とツイートしている。

そして2021年5月6日、ファン達は幻となった映画『スパイダーマン4』のリリース予定日から10年という記念日をあえて盛り上げているのだった。

計画通りにすすめば、『スパイダーマン4』は2007年にトビー・マグワイアとキルスティン・ダンストが主人公スパイダーマンとヒロインのメアリー・ジェーンを演じた『スパイダーマン3』の続編として描かれる予定だった。

当時『スパイダーマン4』には、悪役キャラクター・ヴァルチャーにジョン・マルコヴィッチ、ブラック・キャット役にアン・ハサウェイがキャスティングされるのではないかとウワサされていた。

『スパイダーマン』シリーズは2002年に一作目が公開され興行収入8億2500万ドル(約895億8,600万円)を記録。その後2004年に『スパイダーマン2』そして2007年に『スパイダーマン3』が公開された。その全ての監督を『死霊のはらわた』シリーズで知られるサム・ライミがつとめていた。このまま『スパイダーマン4』の制作に入ると思われたが、脚本まで執筆された時点でサム・ライミが離脱したことにより計画がとん挫。『スパイダーマン4』は幻となった。

しかし『スパイダーマン』の人気が落ちることはなかったため、その後キャスト・スタッフを一新させた『アメイジング・スパイダーマン』シリーズや『スパイダーマン:ホームカミング』などが制作されることとなった。

左からアンドリュー・ガーフィールド、トム・ホランド、トビー・マグワイア

アンドリュー・ガーフィールド、『スパイダーマン』最新作出演のウワサについに言及! 「みんなちょっと落ち着いて・・」

2021年5月7日
『シャン・チー テン・リングスの伝説』

マーベル最新作『シャン・チー テン・リングスの伝説』の解禁映像に『スパイダーマン:ホームカミング』の登場人物が映っている? ファンが発見してザワつく[写真あり]

2021年4月20日
アルフレッド・モリーナ

新作映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に、『スパイダーマン2』のあの悪役がカムバック決定! 「17年経って、また同じ役を演じるのはとても興味深い」

2021年4月18日
歴代スパイダーマンのファンアート

『スパイダーマン3』の撮影が終了! とある写真に注目集まる、やっぱり歴代スパイダーマンが出演の証拠・・・?[写真あり]

2021年3月30日

トム・ホランド、実はスパイダーマンになれなかった可能性があった! ルッソ兄弟が「ケンカになるところだった」と語った意外な理由とは

2021年3月3日
tvgrooveをフォロー!