東京都医師会、オリンピック開催中止を求める書簡を提出! 海外でもニュースに

オリンピックのロゴ
オリンピックのロゴ

医療組織のトップが、開催まで3ヶ月をきった東京オリンピック・パラリンピックを中止するよう声をあげている。新型コロナウイルスの感染が拡大しており、医療体制が十分とはいえないためだ。

約6000人のかかりつけ医が所属し、東京オリンピック・パラリンピックでは医療の要となる東京医師会は14日、国内での新型コロナウイルス感染拡大の現状を受けて、「都内の医師はすでに手一杯の状況であり、受け入れる余裕がほとんどない」と明らかにした。

その上で「我々は当局に対し、オリンピックの開催が困難であること、そして中止の決断をするべきだということをIOCに提案して欲しいと要求した」とし、菅総理大臣に書簡を送ったという。この内容は月曜、同グループのウェブサイトに掲載されている。

都内では現在、医療従事者や療養ベッドの不足が叫ばれており、3度目の緊急事態宣言も今月末まで延長されている。また、まもなく猛暑の季節が訪れることから、熱中症患者も増加することが予想される。書簡には、もしオリンピックが開催され、状況が悪化してしまえば「日本の責任は重い」とも記されていた。

昨年初めて新型コロナウイルスが国内で発生して以降、日本は世界に比べてその感染者数や死者数を大幅に抑えてきた。しかし現在、ワクチンの供給がスムーズでないことから、政権は批判にさらされている。現在のところ、日本国内でのワクチン接種率はわずか3.5%だ。

それでも菅総理大臣は、感染防止策を徹底しながら「安心・安全なオリンピックを開催する」と決意を述べている。しかし国内での五輪中止の声は今や70%以上と言われ、中止を訴えるオンライン署名は35万筆を超えた。テニスの大坂なおみ選手や錦織圭選手らも、開催可否について「議論すべき」とコメントしている。

日本国内での感染者数は月曜時点で3680人まで減少したものの、重症者数は1235人と、連日最多を記録している。

ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、東京オリンピックの“あること”に物申す! ジャスティンが「撤回するべき」と言ったその内容とは

2021年5月9日
オリンピックのロゴ

東京オリンピック・パラリンピック、ファイザーがアスリートへのワクチン提供へ

2021年5月9日
ヘンリー王子

ヘンリー王子、久しぶりに公の場に登場! 新型コロナ収束のためには「世界中にワクチンを行き渡らせるべき」[写真・動画あり]

2021年5月6日

アメリカ、ワクチン接種完了なら屋外でのマスク着用不要に!? 「パンデミック前の生活に戻るための第一歩になるのではないかと考えています」

2021年4月29日
米ジョージア水族館のコツメカワウソ

米水族館のカワウソが新型コロナウイルスの陽性反応 「軽い呼吸器症状を示し始めて・・・」

2021年4月19日
tvgrooveをフォロー!