ジャスティン・ビーバー、東京オリンピックの“あること”に物申す! ジャスティンが「撤回するべき」と言ったその内容とは

ジャスティン・ビーバー
ジャスティン・ビーバー

人気歌手のジャスティン・ビーバーが、東京オリンピックのあるルールに物申している。

東京オリンピックの発表によると、アスリートたちは「Black Lives Matter(黒人の命も重要)」に関するアパレルを着用することを禁止したという。当局は、これが抗議と政治的メッセージの一部であるとし、禁止に至ったという。またIOCは、2週間前に、野外でのデモ、公式セレモニー中、そして表彰台でのデモを行わないという方針を明らかにしていた。

しかし、「BLM」は記者会見、インタビュー、チーム会議など、一部で許可されるとも言われている。それ以外の公式セレモニー、ひょうひょう題、競技中におこなった場合、アスリートは罰を受ける可能性があるという。またIOCは、投票した3500人のアスリートの「過半数」がデモに対する厳格な規則に賛成したとも述べている。

IOCアスリート委員会のカースティ・コヴェントリー委員長は、「大多数のアスリートたちは、公式の式典や表彰台、競技場で自分の意見を示したり表現したりするのは適切ではないと考えている。したがって私たちの推奨は、表彰台、競技場、公式セレモニーをあらゆる種類の講義、デモ、または行為から守ることです」とコメントしている。

このIOCの決断に苦言を呈したのが、歌手のジャスティン・ビーバーだ。

ジャスティンはインスタグラムでこのニュースの見出しを投稿。「彼らはこれを撤回すべき」とキャプションを添え、「BLM」のどんな場面であっても、アパレル着用することを許可すべきと主張した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Justin Bieber(@justinbieber)がシェアした投稿

ジャスティンの投稿に友人セレブたちは「まさにそうだ」とジャスティンに賛成しているが、一部ネットユーザーたちは「オリンピックはニュートラルであって、スポーツに政治を巻き込むべきではない」「スポーツと政治は分けてイイと思う」といった意見も出ている。

ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、最新アルバム「Justice」を引っさげたツアー「Justice World Tour 2022」を開催決定 公演スケジュールを公開

2021年5月7日
ヴィクトリア・ベッカムと、ジャスティン・ビーバー

ヴィクトリア・ベッカム、ジャスティン・ビーバーからクロックスをプレゼントされ、正直な感想でファンたちを笑わせる! 「クロックス履くくらいなら死んだ方がマシ」[写真・動画あり]

2021年5月1日
ジャスティン・ビーバーと、BTS

ジャスティン・ビーバー&BTSがついにコラボ実現か!? 「彼らはこのコラボに時間をかけていて・・」

2021年4月30日
ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、新しい髪型を披露するも一部から批判を受けてしまう!? その理由とは・・[写真あり]

2021年4月29日
ジャスティン・ビーバーと、カール・レンツ牧師

ジャスティン・ビーバー、名声を手に入れようとする牧師たちに苦言「過大評価しすぎ」 不貞行為で解雇されたカール・レンツの影響か

2021年4月16日
tvgrooveをフォロー!