ジャスティン・ビーバー、名声を手に入れようとする牧師たちに苦言「過大評価しすぎ」 不貞行為で解雇されたカール・レンツの影響か

ジャスティン・ビーバーと、カール・レンツ牧師
ジャスティン・ビーバーと、カール・レンツ牧師

「牧師が尊敬すべき人物だとは限らない」そう語るのは人気歌手のジャスティン・ビーバーだ。

先日、雑誌「GQ」のインタビューに応じたジャスティン・ビーバーは、キリスト教の牧師たちが名声を手に入れることに力を入れすぎていると苦言をていした。

ジャスティンはインタビューの中で、「多くの牧師たちが、自分のことを過大評価しすぎていると思うんだ」と語り、「基本的に、教会というのは牧師といわれる男性によって運営されている。僕たちはその人たちのことを『この人は僕たちよりも神と強い絆で結ばれている。僕たちもそうありたいけど、できないよね。だって牧師じゃないから』という目で見ているよね。だけど現実はそうじゃない。すべての人間たちと神との絆の強さは同じなんだ」と続けた。

ジャスティンがインタビューのなかで直接口にすることはなかったが、彼がこう語る背景にはかつてジャスティンが尊敬し、親友と称していたヒルソング教会の牧師カール・レンツの存在が影響していると思われる。カール・レンツといえばかつて、セレブからも大きな支持を得るヒルソング教会で若者からの人気を集め、コンサートのような大集会を開くほどの有名牧師だった。しかし昨年、自身の不貞行為が発覚したことから協会を解雇されていた。

ジャスティンはこのように牧師に批判的な目を向けた一方で、最近多くのセレブが利用しているキリスト教団体「Churchome」の牧師ジュダ・スミスには信頼を寄せているようだ。

「彼が最初に、僕と妻をめぐり合わせてくれたんだ」と語ったジャスティンは、ジュダ・スミスとは現在も家族ぐるみで親密な関係にあることを明かした。

そして「こういう関係になることは夢だったんだよね。結婚前の僕の家族関係は決して良好ではなかったから」と告白。「僕のこれまでの人生において、家族が良いものだとは言えなかった。だから一緒にディナーを食べて、一緒に笑って、一緒におしゃべりできるような家族に本当にあこがれていたんだ」と続けた。

さらにジャスティンは、2018年に結婚したモデルの妻ヘイリー・ビーバーとの生活について、「最初の1年間は、なかなか難しいものだったよ」と明かし、「家族というものに対してトラウマがあったからね。信頼関係も十分に築けていなかった。一緒にいる相手に対して認めたくないこともたくさんあった。怖かったんだ。それに、『怖い』って口に出すこともできなかった」と当時の苦悩を振り返っていた。

ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、ヘイリー・ビーバーとの結婚1年目は「本当に大変だった」と語る その理由とは・・?

2021年4月14日
ジャスティン・ビーバーとカール・レンツ

ジャスティン・ビーバー、不倫騒動のあったヒルソング教会は「僕の教会じゃない」! 熱心に通っていた過去も・・・

2021年1月5日
セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、カリスマ牧師の不倫騒動を受けヒルソング教会を脱会! 「ジャスティン・ビーバーを含め親交があったが・・・」(関係者)

2020年12月16日
カール・レンツ(左)とジャスティン・ビーバー

不倫で解雇されたセレブ牧師カール・レンツ、「うつ」「燃え尽き症候群」で施設に入所! 「家族のために尽くしています」(関係者)

2020年12月10日
ジャスティン・ビーバーと、カール・レンツ牧師

不倫問題でヒルソング教会を解雇されたカール・レンツ牧師、なんと不貞行為は“複数”であったことが明らかに ある音声が入手される

2020年12月8日
tvgrooveをフォロー!