ベン・アフレック、バットマン役降板に至った理由は? 「自分が楽しめない作品は作りたくなかった」

ベン・アフレック
ベン・アフレック

ベン・アフレックが、バットマン役から降板するに至った詳細な理由を明かした。

ベン・アフレックは、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「スーサイド・スクワッド」(ともに2016)、「ジャスティス・リーグ」(2017)のシリーズ三作でバットマンことブルース・ウェインを演じてきた。

ワーナー・ブラザースと、DCコミックスが展開する映画シリーズ「DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)」は、新たに「バットマン」を主人公にした映画を、2021年6月25日に全米公開する予定を発表。これに伴い、ベン・アフレックはバットマン役からの降板を発表した。

2016年の時点で、ベン・アフレックは主演のみならず、新たな「バットマン」の映画で監督と脚本を兼ねると公表されていた。IGNのインタビューで、脚本の出来が問題であったことを改めて明かしている。

「脚本にみんなで取り組み、どうにか解決すべく努力はしたけれど、ついに理想とする作品には近づけず、満足できなかった。自分自身の心が躍らない作品は、作りたくなかった。どうしたものか、いまでもわからない」

ベン・アフレックは降板報道からほどなく出演したトーク番組でも、映画作りがうまくいかなかったことを明かし、また「そのとき、誰かに譲り渡すときだと悟った」と自ら退いたことを告白していた。

後任のマット・リーヴス監督は、現在46歳のアフレックより若い俳優を、新たなバットマン役に起用する方針であると報じられており、キャスティングの行方が注目されている。彼はHollywood Reporterに対して、「スリリングだが、エモーショナル」な作品作りという方向性を明かし、これまでバットマンは「世界一の探偵」といった描き方をされてきたが、別の角度からアプローチをするというアイデアを語った。

アーミー・ハマー

アーミー・ハマー、ベン・アフレックの後継「バットマン」候補に?

2019年2月20日
ベン・アフレック

ベン・アフレック、バットマン役からの卒業を改めて認める! 明かされた降板理由は?

2019年2月18日

ニック・ジョナス、次のバットマンに立候補! 必死にアピールするニックが面白すぎる

2019年2月4日
ベン・アフレック / ジェームズ・ガン

DCEU「バットマン」単独映画、公開日決定もベン・アフレック降板か? 「スーサイド・スクワッド2」は、「GOTG」ジェームズ・ガンが監督交渉中

2019年1月31日
tvgrooveをフォロー!