マーベルの人気悪役キャラ「ロキ」は、バイセクシャルであることが明らかに 監督もツイートを投稿

ロキ
「ロキ」インスタグラムより

マーベルの人気悪役キャラクターであるロキは、バイセクシャル(両性愛者)であることが明らかになった。

ロキといえば、マーベル映画『マイティ・ソー』シリーズの悪役で、トム・ヒドルストンが演じている。現在ディズニープラスにてロキにローカスしたスピンオフドラマ「ロキ」が配信され、話題となっている。

そんな中、ドラマの監督であるケイト・ヘロンは、ロキがLGBTQコミュニティーの一員であることを認めた。

▽Disney+ (ディズニープラス)入会方法

「ロキ」の第三話「ラメンティス」では、ロキとソフィア・ディ・マルティノー演じるシルヴィが恋愛について語るシーンがある。シルヴィが「あなたはどうなの?あなたは王子だから、相手はプリンセス候補とか?それか別の王子?」と問いかけると、ロキは「その両方さ。君も同じだろ」と返答するのだ。

このシーンでロキがバイセクシャルであることが明らかになり、監督のケイト・ヘロンもツイッターで「ロキがバイセクシャルであることを認めることは私にとって非常に重要であり、私の目標でした。それは彼が何者であるか、そして私も何者であるかの一部分なのです。これは小さな一歩だと思いますが、私は幸せで心がいっぱいです」とツイートした。

また少し前にも、ロキはジェンダー・フルイド(gender-fluid)であることが明らかになっている。ジェンダー・フルイドとは、自身のジェンダーを定義することなく、時によって男性になったり女性になったりと流動的(fluid)になること。最近では、歌手のデミ・ロヴァートや人気リアリティー番組「クィア・アイ」のアントニ・ポロウスキなど、海外セレブたちも性に流動的であると公表している。

ロキ

マーベル「ロキ」、自身のジェンダーを定義しない“ジェンダー・フルイド”だったことが明らかに! ロキの性別が流動的だったのは、前から示唆されていた・・・?[動画あり]

2021年6月8日
『ロキ』キービジュアル

マーベル新作『ロキ』キャラクタービジュアル解禁! 謎に包まれていた新キャラクターの詳細も判明[画像あり]

2021年6月2日
ロキ

トム・ヒドルストン、マーベルの“愛されヴィラン”ロキを演じる上で最も気に入っていることを明かす

2021年5月23日
ロキ

マーベル新作『ロキ』、アベンジャーズを振り回してきた“裏切り王子”ロキの魅力たっぷりの特別映像が解禁[動画あり]

2021年5月21日
ロキ

マーベル最新作『ロキ』、配信日が6/9(水)に前倒し&毎週水曜日配信へ! トム・ヒドルストンも動画でコメント「最近ヒーロー作品がたくさんあるのに、ロキは少し…取り残されている」[動画あり]

2021年5月6日
tvgrooveをフォロー!