確執がウワサされるウィリアム王子&ヘンリー王子、亡き母ダイアナ元妃の記念像の除幕式で再会 共同声明を発表&笑顔で話す場面も・・[写真・動画あり]

除幕式でのウィリアム王子と、ヘンリー王子NEWS
除幕式でのウィリアム王子と、ヘンリー王子

確執がウワサされるイギリス王室ウィリアム王子ヘンリー王子が、亡き母ダイアナ元妃の記念像の除幕式で再会を果たした。

現地時間7月1日、ダイアナ元皇太子妃の功績をたたえ、ケンジントン宮殿に面するサンクン・ガーデンに、生誕60年を記念した銅像が建てられ、除幕式が開催された。

共に像の除幕をおこなったウィリアム王子とヘンリー王子↓↓

ウィリアム王子とヘンリー王子は、共同声明を発表。ふたりは「私たちの母親の60歳の誕生日である今日は、彼女の愛、強さ、人柄を思い出させます。彼女はその資質で世界をよくし、そして数えきれないほどの人々の人生をいいものへと変えました。毎日、私たちは彼女が一緒にいてくれたらと願います。そしてこの像が彼女の人生と遺産の象徴として永遠に人々に見てもらえることを願っています。彫刻家のイアン・ランク・ブロードリー、ピップ・モリソン、チームのすばらしい仕事、これを実現するために手助けしてくれた友人や寄付者、母の記憶を生かしてくれる世界中の人々に感謝いたします」と述べている。

ヘンリー王子といえば、今年3月、妻メーガン妃とともに、オプラ・ウィンフリーとのインタビューで王室から守られていなかったことや、息子アーチー君の肌の色を懸念されたという差別行為をバッシング。またその後もインタビューで王室批判を続けていたことから、父チャールズ皇太子や兄ウィリアム王子と確執があるとウワサされていた。

しかしこの日は、兄弟の確執はいったん忘れ、ともに亡き母の像をお祝い。笑顔で話す場面も見られた。

会話するウィリアム王子とヘンリー王子↓↓

tvgrooveをフォロー!