ウィリアム王子&ヘンリー王子、1995年バシール記者によってだまされた、母ダイアナ元妃の暴露インタビューについてついに声明を発表 「言葉では言い表せないほどの悲しみ」

ダイアナ元妃の葬儀でのウィリアム王子とヘンリー王子(1997年)
ダイアナ元妃の葬儀でのウィリアム王子とヘンリー王子(1997年)

1995年、マーティン・バシール記者ダイアナ元妃をだましておこなったインタビューに、息子であるウィリアム王子ヘンリー王子が声明を発表した。

1995年、イギリスBBCの番組「Panorama」にて、ダイアナ元妃は英国王室の裏側やチャールズ皇太子をはじめとした王室メンバーとの関係性について暴露。「私達の結婚生活には3人いた」と当時チャールズ皇太子と愛人関係にあったというカミラ・パーカー・ボウルズにも言及し結婚生活の破綻まで口にしたことから、世界中の注目が集まった。

しかしこのインタビューは、バシール記者がBBCのガイドラインに反し、ダイアナ元妃の側近らが公安当局から金銭を受け取っていたというウソの銀行明細を作成し、それによりダイアナ元妃の信用を得てインタビューを取り付けたことが明らかになったのだ。先週、バシールは健康上の理由でBBCの宗教担当編集者を退任。BBC事務局長のティム・デイビーは謝罪を表明した。

この事件に、ダイアナ元妃の息子であるウィリアム王子とヘンリー王子が声明を発表した。

ウィリアム王子は、「BBCの社員たちは、私の母とのインタビューをとりつけるためにウソをつき、虚偽の文書を使用しました」「インタビューでだまされたことが、私の母に大きく影響を与えたと私は考え、また私の両親の関係をひどく悪化させ、それ以来無数の人々を気づ付けてきました。BBCの失敗が、私が覚えている母の晩年の恐怖、妄想、孤立に影響を与えたことを知り、言葉では言い表せないほどの悲しみをもたらします」と、BBCを強く非難し、悲痛な思いを語った。また1995年当時に適切に調査していれば、母は自分がだまされたことに気づいただろうと、バシール記者だけでなく、BBCのリーダーたちのことも批判した。そしてこの番組「Panorama」は、正当性がなく、二度と放送されるべきではないと主張している。

ヘンリー王子は「私たちの母は、人生を奉仕にささげたすばらしい女性でした。彼女はたくましく、勇敢で、本当に正直なひとでした。搾取と非論理的慣行による文化の波及効果は、最終的に彼女の命を奪いました」とし、「説明責任を果たしてくださった方々、ありがとうございました。それが正義と真実への第一歩です。しかし私が深く懸念しているのは、このような慣行、さらに悪いことにそれがいまだにあるということです」「私たちの母はこのために命を落としました。そして何も変わっていません。彼女の遺産を保護することにより、私たちはすべての人を保護し、彼女が人生を生きた尊厳を守ります。彼女がどういう人物で、何をしていたか、思い出しましょう」と強く訴えかけた。

 

1995年11月に放映されたインタビューでのダイアナ元妃

マーティン・バシール記者、1995年にダイアナ元妃をあざむいて暴露インタビューを取り付けていたことが明らかに バシール記者がダイアナ元妃をだました方法とは

2021年5月21日
ダイアナ元皇太子妃

故ダイアナ妃、実はあのスーパーヒーローの役作りのインスピレーションになっていたことが発覚! 演じた女優が告白「彼女のか弱さと心を示したかったの」

2021年4月16日
ヘンリー王子

ヘンリー王子、母ダイアナ妃の死は「自分の中に大きな穴を残した」と心境を明かす

2021年3月22日
ヘンリー王子と、メーガン妃

ヘンリー王子、王室離脱は亡くなった母ダイアナ妃が影響し、歴史が繰り返されることを恐れていたことを告白 「彼女がこのプロセスを経験したのは想像さえつかない」[動画あり]

2021年3月2日
アメリア・スペンサーと、イライザ・スペンサー

故ダイアナ妃の姪であるアメリア&イライザ・スペンサー、パパラッチを回避する方法をダイアナ妃から教わっていた

2021年1月26日
tvgrooveをフォロー!