エリザベス女王、飼い始めたばかりの生後5か月の子犬が亡くなったことが明らかに

エリザベス女王二世
エリザベス女王二世

イギリス王室エリザベス女王2世(95)が、飼い始めたばかりの子犬が亡くなったことが明らかになった。E!Newsなどが伝えている。

エリザベス女王といえば、今年4月、夫で70年以上の結婚生活を送った夫フィリップ殿下が死去。フィリップ殿下が亡くなる前の入院最後の日に、アンドリュー王子がエリザベス女王に、コーギーとダックスフントのミックスであるファーガスを贈り物としてもらっていたが、フィリップ殿下が亡くなったわずか一ヵ月後にファーガスも死去したという。

王室関係者は米ピープル誌の取材に対し「とても悲しいことです」とコメント。なぜ死んだのか詳細は明らかにしていない。

エリザベス女王は、1952年に初めて女王の地位に即位して以来、30匹以上のコーギーを所有するほどのコーギー好きとして知られている。

2012年ロンドン夏季オリンピックの開会式では、エリザベス女王の愛犬であるモンティ、ウィロウ、ホリーが、ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドのスケッチに登場。

さらに雑誌「Vanity Fair」の2016年の夏号では、表紙に愛犬のコーギーたちが表紙に登場し、記事の中でもハイライトされ、エリザベス女王は「私のコーギーたちは家族なのです」と明かしていた。

エリザベス女王

エリザベス女王が、なんと“大人のオモチャ”の企業に女王賞を授与! その理由は「驚異的な成長力」

2021年5月3日
エリザベス女王と、メーガン妃

メーガン妃と息子アーチー君、フィリップ殿下の葬儀前にエリザベス女王と話していた! 女王の反応とは・・

2021年4月27日
エリザベス女王

アンドリュー王子、エリザベス女王に子犬をプレゼントしていた「城の中で落ち込んでいて…」[写真あり]

2021年4月22日
エリザベス女王二世

エリザベス女王、フィリップ殿下の葬儀で身につけたブローチにはある深い意味があった

2021年4月21日
エリザベス女王二世

エリザベス女王、フィリップ殿下の棺に残した愛情あふれる手紙と花輪が話題に 「リリベット」と書かれた理由に思わず涙

2021年4月19日
tvgrooveをフォロー!