『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で物議を醸したブルース・リーのシーン、リーの娘が不満を爆発「あの描写は不正確で不要なもの」

ブルース・リーを演じたマイク・モー
ブルース・リーを演じたマイク・モー

第77回ゴールデングローブ賞にて作品賞(コメディ/ミュージカル部門)、助演男優賞(ブラッド・ピット)、脚本賞(クエンティン・タランティーノ)と最多3冠に輝いた大ヒット作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。

本作は、1969年のロサンゼルスを舞台に、『ローズマリーの赤ちゃん』の監督ロマン・ポランスキーの妻で、駆け出しの女優だったシャロン・テートがハリウッドの自宅で惨殺されるという、実際に起きたショッキングなこの事件をモチーフに描かれている。本作は大ヒットしたが、今もなお反論が止まらないのが、ブルース・リーの描写だ。

タランティーノ監督のレンズを通して見ると、伝説の武術家であるリーは傲慢でお喋りなキャラクターである。さらにリーは、ブラッド・ピット演じるスタントマンに車へと投げ倒されてしまうのだ。監督は、「実際にリーには傲慢な面があった」とコメントしていたが、この描写は議論を巻き起こし、リーの娘であるシャノンも問題があるとコメント。そして問題はさらに悪化し、彼女は新たにTHRへ論説を寄稿した。

「すでにご存知のように、タランティーノ氏による『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でのブルース・リーの描写は、控えめに言ったとしても、不正確で不要なものでした。俳優のマイク・モーを責めるのはやめましょう。彼は与えられたものでできる限りのことをしたのですから」と彼女はつづった。「ハリウッドの白人男性がブルース・リーが誰であるかを教えようとすることに、私は本当にうんざり」。

ブルース・リーを演じたマイク・モー↓

シャノンはまた、ハリウッドの利益のために父親のこれまでの記憶について改変させられてきたこと、そして白人の多い業界でアジア人として直面した困難についても指摘している。

タランティーノ監督がブルース・リーを敬愛していることはファンにとって明らかだったが、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』公開後は、ファンの間で、タランティーノ監督のリーに対する敬意がそこまで深くなかったのでは?と疑問視されている。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

『風と共に去りぬ』だけじゃない!『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』など、今後上映や配信一時停止になりうる映画作品とは?

2020年6月19日

祝GG賞最多3冠!クリフと チャールズ・マンソンは出会っていた!『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』未公開シーン公開

2020年1月8日
レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット(右)/Twitter(@enews)

「第77回ゴールデン・グローブ賞」授賞式開催! 作品賞は『1917 命をかけた伝令』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が受賞

2020年1月6日
マーゴット・ロビー 特典映像より

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』マーゴット・ロビーが驚愕した撮影秘話を公開

2019年12月24日
Brad Pitt and Leonardo DiCaprio star in Columbia Pictures メOnce Upon a Time in Hollywood"

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』第77回ゴールデングローブ賞5部門ノミネート!LAプレスツアーの模様と特典映像が公開

2019年12月11日
tvgrooveをフォロー!