マーベル・スタジオ、MCUでのLGBTQ +の表現を強化していくと約束!「必ずしもうまくいくとは限らないが、努力を続ける」

ロキ
「ロキ」インスタグラムより

マーベル・スタジオの映画制作担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるヴィクトリア・アロンソは、今後MCUにLGBTQ+の表現が増えていくことを約束した。

MCUの新たなステージは、今年初めにディズニープラスで放送されたマーベル・スタジオ初の独立系TVシリーズ「ワンダビジョン」から本格的に始まった。その後、「ファルコン&ウィンター・ ソルジャー」、「ロキ」などシリーズが続いており、いよいよ明日からが映画『ブラック・ウィドウ』が公開される。

▽Disney+ (ディズニープラス)入会方法

 

MCUといえば、LGBTQ+キャラクターの表現について、多くの批評家からやや不足していると指摘されてきたが、ドラマ「ロキ」で、彼のファイルにジェンダー・フルイドであることが記されており、そこからようやく状況が変わり始めた。第3話では、ロキがバイセクシャルであることを明かした。これはMCU主要キャラクターがLGBTQ +コミュニティの一員であると公言した初めてのケースだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Loki(@officialloki)がシェアした投稿

ヴィクトリアは、『ブラック・ウィドウ』のファンプレミアで、Varietyの取材に応じ、スタジオが今後もLGBTQ +の表現を強化していくことを約束した。「時間はかかりますが、私たちには語ることのできるストーリーがたくさんあります」と話し「必ずしもうまくいくとは限らないが、努力を続けます」「今日の世界を代表するような作品をたくさん用意しています。第1作、第2作、第3作、あるいは第1回、第2回のショーでそれを実現するつもりはありませんが、一貫して表現しようと最善を尽くすつもりです」と語った。

またロキのジェンダー・フルイドについては「正直に言うと、大したことではありません」と述べ、マーベルは単にキャラクターに忠実であると主張した。

『ブラック・ウィドウ』

マーベル最新作『ブラック・ウィドウ』なんと脚本はわずか11日間で作られていた! 「スカーレット・ヨハンソンと何度も話をして…」脚本家が明かす

2021年7月8日
『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』

マーベル「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」サム・ウィルソン役アンソニー・マッキー、主人公が持つ“特別な力”を明かす! 「〇〇は彼の特別な能力だと思う」

2021年7月6日
ロバート・ダウニー・Jr.

ファンショック! 『アイアンマン』ロバート・ダウニー・Jr.が、インスタグラムでクリス・エヴァンスやクリス・ヘムズワースなどマーベル俳優たちを全員アンフォロー! いったいなぜ・・? 不仲をウワサする声も・・

2021年7月6日
『ブラック・ウィドウ』

『ブラック・ウィドウ』スカーレット・ヨハンソン、大御所サミュエル・L・ジャクソンからマーベル俳優としての大切なアドバイスをもらっていた!「今では私自身がフローレンス・ピューに伝えているわ(笑)」

2021年7月1日
ロキ

マーベル「ロキ」、自身のジェンダーを定義しない“ジェンダー・フルイド”だったことが明らかに! ロキの性別が流動的だったのは、前から示唆されていた・・・?[動画あり]

2021年6月8日
tvgrooveをフォロー!