海外ドラマ「ARROW/アロー」シーズン8での放送終了が決定! 「アローヴァース」は継続

スティーヴン・アメル
スティーヴン・アメル

DCコミックスをもとにした海外ドラマ「ARROW/アロー」が放送終了を決定した。

「ARROW/アロー」は億万長者でありながら、裏では「アロー」と名乗り悪者を成敗するヒーローとして活躍する主人公オリバー・クイーンを描いたドラマ。DCコミックスの「グリーンアロー」をもとにして、2012年から放送を開始。現在、シーズン7が全米放送中で、先月に来期継続が発表されていた。

主演スティーヴン・アメルはツイッターを通じ、「オリバー・クイーンを演じることは、人生においてプロとしてもっとも素晴らしい経験だった。しかしいつまでもアローではいられない」と、番組の放送終了を自ら発表。今秋、10話から成るファイナルシーズン(シーズン8)をもって、番組に別れを告げることを明らかにした。

ツイッターでは「言いたいことは山ほどあるが、いまはただありがとうと伝えたい」とシンプルに述べているが、フェイスブック・ライブを通じ、彼がこれきり二度とオリバー/アローを演じなくなるわけではないと示している。

番組を放送するCWは、「ARROW」を起点に、同じDCコミックスをもとにした複数のヒーロードラマを展開している。「THE FLASH/フラッシュ」をはじめとする後続番組を含めた一連の作品群は「アローヴァース」と呼ばれ、世界観を共有し、これまでに全番組のキャラクターが一堂に介するクロスオーバーエピソードを製作してきた。

そのためアメルは「(アローは)このまま消えるわけじゃない。アローヴァースを見ていれば、その意味がわかる」と、今後も自身がオリバーを演じる機会があることを示唆している。

また、番組製作総指揮のグレッグ・バーランティと、マーク・グッゲンハイムベス・シュワルツも、Entertainment Weeklyに対して寄せた共同声明の中で、番組終了の決断は容易ではなかったとしつつ、「ARROW」の功績を「今後何年も続く」ユニバースを生み出したと称えており、「ARROW」の終了=アローバースの終了ではないことを強調している。

「ジェシカ・ジョーンズ」クリステン・リッター / 「パニッシャー」ジョン・バーンサル

NETFLIXが「ジェシカ・ジョーンズ」「パニッシャー」の打ち切りを決定! マーベルとのコラボ、完全終了へ

2019年2月19日
ボブ・サゲットと、キャンディス・キャメロン・ブレ

「フルハウス」パパ役ボブ・サゲット、「フラーハウス」終了には反対? ファン次第では継続も「アリ」と呼びかけ

2019年2月10日
「モダン・ファミリー」

人気コメディドラマ「モダン・ファミリー」、シーズン11での終了が正式決定

2019年2月6日
「SUPERNATURAL」

米CW、「スーパーナチュラル」、アローヴァース各作品の次シーズン更新を発表

2019年2月5日
ルビー・ローズ

ルビー・ローズ主演ドラマ「バットウーマン」がシリーズ化へ! 初のLGBTヒーロードラマ誕生か

2019年1月4日