オリンピック体操選手のリース・マクレナガン、日本の選手村の“セックス防止ベッド”が本当に壊れやすいのか検証する動画を投稿! ベッドの上でジャンプしてみた結果・・[動画あり]

リース・マクレナガン
リース・マクレナガン

オリンピック、アイルランド代表の体操選手であるリース・マクレナガンが、オリンピックの選手村のベッドを検証する動画を投稿し話題となっている。

いよいよ今週金曜から開催となる東京2020オリンピック・パラリンピック。実は選手村のベッドが、選手たちに性行為をさせないようにするために段ボール製になっていることが話題となっているのだ。主催側の意図としては、新型コロナウイルス感染を避けるため、選手たちが“親密”にならないよう、あえてベッドを段ボールによって強度を弱くしたと伝えている。それ以外でも、オリンピックで活躍する選手たちが段ボールのベッドで寝させられるのはかわいそうではないかという声も多く上がっている。

このことは海外のニュースでも取り上げられ、「アンチセックスベッド」と呼ばれるように。このニュースを受け、アイルランド代表の体操選手であるリース・マクレナガンが検証動画をSNSに投稿した。

マクレナガン選手は「今日の動画は“フェイクニュース”についてだよ。このベッドは『アンチセックスベッド』で、段ボールでできている。でも・・」と言って、ベッドの上で何度もジャンプしてみせたのだ。

ジャンプしても壊れる様子がないことから、マクレナガン選手は動画の最後で「これはウソのニュースだ!」と言い締めくくっている。またマクレナガン選手はYouTubeでも選手村の様子を動画で投稿している。

【動画】Tokyo Olympic Games Village

主催側は、新型コロナウイルス感染防止のために段ボールベッドを採用しているが、すでに選手村ではチェコのビーチバレー選手や南アフリカのサッカー男子代表選手2人のコロナ陽性が確認されている。

ブルース・スプリングスティーンと、娘ジェシカ・スプリングスティーン

ブルース・スプリングスティーンの娘ジェシカ・スプリングスティーン、東京オリンピックに出場決定! 彼女が選出された種目とは

2021年7月6日
オリンピックのロゴ

東京オリンピック、ウガンダ代表選手団に続き、セルビア代表選手1名が入国時に新型コロナ陽性反応 「合宿は中止になる可能性が高い」

2021年7月6日
キム・カーダシアン

キム・カーダシアン、なんと東京オリンピックでアメリカ代表選手団の公式ウェアをデザインすることが決定! キムが手がける服とは・・

2021年6月30日
NBCUniversal

米放送局NBC、東京オリンピックの広告収入が前回の五輪を超え1400億円に

2021年6月29日
セリーナ・ウィリアムズ

テニス選手セリーナ・ウィリアムズ、「東京オリンピックには行かない」と断言! 「理由は山ほどある」

2021年6月28日
tvgrooveをフォロー!