ビルボードHot100、音楽史でこれまでに最も多く使われた楽曲タイトルは!? 1位に輝いたのはジャスティン・ビーバーが今年リリースした楽曲と同名タイトル

ジャスティン・ビーバー
ジャスティン・ビーバー

2021年3月20日、ビルボードが発表したHot100ランキングにはジャスティン・ビーバーの「Hold On」が初登場していた。

しかしこの「Hold On」というタイトルには、どこか既視感を覚える。これまでのランキングを振り返ってみると、同じタイトルの楽曲が複数ランクインしているのだ。

1990年だけでみても、ウィルソン・フィリップスの「Hold On」とアン・ヴォーグの「Hold On」が上位を争っていた。ウィルソン・フィリップスの「Hold On」は最終的に1位を記録。ビルボードが選ぶその年のトップソングとなった。一方アン・ヴォーグの「Hold On」は最高2位。それでもその年のHot R&B/Hip-Hopソングに選出されている。

では「Hold On」はこれまでのHot100の中で最も多く使われているタイトルなのだろうか。ビルボード誌は1958年8月4日以降現在までにランクインした29,000曲の中から、最も多く使われている楽曲タイトルを調査した。

なお今回はマイケル・ブーブレの「Home」とフィリップ・フィリップスの「Home」のように全く異なる楽曲も、ジャクソン5の「I'll Be There」とマライア・キャリーの「I'll Be There」のように同じ楽曲のアレンジバージョンも、それぞれ1曲ずつとしてカウントしている。

それでは、これまでに13回以上使用されてきたタイトルを紹介していこう。

<13回>
「Without You」
最高ランク : 1位 (4週連続) ニルソン/1972

<14回>
「Angel」
最高ランク : 1位 シャギー feat. レイヴォン/2001

「Forever」
最高ランク : 2位 クリス・ブラウン/2008

「Happy」
最高ランク : 1位(10週連続) ファレル・ウィリアムス/2014

「Runaway」
最高ランク : 1位(4週連続) デル・シャノン/1961

<15回>
「You」
最高ランク : 9位 ロイド feat. リル・ウェイン/2007

<16回>
「Stay」
最高ランク : 1位 モーリス・ウィリアムス & ザ・ゾディアックス/1960

そして最も多かったタイトルは

<17回>
「Hold On」
最高ランク : 1位 ウィルソン・フィリップス/1990

さて、18回目の「Hold On」をランクインさせるのは一体どのアーティストだろうか。

BTS V(左)、ジョニー・デップ

BTS V、ジョニー・デップからインスピレーションを受けていた! 全世界で大ヒット中の楽曲「Butter」の秘話が明らかに

2021年7月30日
オリヴィア・ロドリゴ

オリヴィア・ロドリゴとは? デビュー曲がいきなり全世界で記録づくしの大ヒット! 次世代のテイラー・スウィフトとの呼び声も高い新星実力派シンガーソングライターの素顔に迫る

2021年3月7日
ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、新曲「Hold On」をリリース&MV同時公開! 重病の恋人の医療費のため、銀行強盗を犯すという映画仕立てストーリーに[動画あり]

2021年3月5日
tvgrooveをフォロー!