評価がいまいちだった『スター・ウォーズ』新三部作をマーク・ハミルが擁護! 「独自のアイデンティティを持っている」・・ SNS時代の辛辣すぎる声への嘆きも

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

大人気スペースオペラ『スター・ウォーズ』シリーズでルーク・スカイウォーカーを演じた俳優マーク・ハミルが、決して評判がいいとは言えなかった新三部作(エピソード1〜3)に対する想いを明かしている。

『ファントム・メナス』(1999)、『クローンの攻撃』(2002)、『シスの復讐』(2005)からなる新三部作は、ファンの間ではシリーズの中で最も印象が薄いとされている。

しかしマーク・ハミルの見方は異なるようだ。

『帝国の逆襲』と『ジェダイの帰還』にてプロデューサーをつとめたハワード・カザンジャンの伝記「Howard Kazanjian: A Producer’s Life」にて、著者J.W.リンツラーからのインタビューに答えたマークは、「新三部作は、独自のアイデンティティを持っている。僕はそれに感銘を受けたんだ」と語っている。

マークによると、新三部作が不評なのは作品が悪いわけではなく、他の愛されている作品たちよりも、難解だからだという。

「ハワード・カザンジャンが1976年に言っていたように、おそらく商業的ではないんだよ。新三部作は説明が多くて頭を使うからね。それにストーリー自体も暗い」と語ったマークは、「SNSの時代になって、人々の声が大きくなってきた。『スター・ウォーズ』シリーズだけでなく全ての映画に対して、人々の声がひどく残酷であることにショックを受けているよ」と付け加えた。

一方、シリーズ原作者の元妻で旧三部作の編集を手がけたマルシア・ルーカスは新三部作を酷評している。

▽Disney+ (ディズニープラス)入会方法

彼女は『ファントム・メナス』を初めて鑑賞した際、あまりにひどい出来だと涙したそうだ。

キャストと脚本の両方に言及したマルシア・ルーカスは、「まずストーリーがおかしいと感じたわ。出てくるのは6歳くらいに見えるまだ幼い少年。それが20歳くらいに見えるプリンセスと恋に落ちるんだもの。キャスティングについても、ストーリーについても気に入らない部分がいくつかあって。とにかく見かけ倒しね」と辛口なコメントを残していた。

マーク・ハミル

『スター・ウォーズ』ルーク・スカイウォーカー役マーク・ハミル、“自分の名前”をツイートしただけでバズる事態に!? その理由とは・・

2021年9月8日
2005年に公開された『スター・ウォーズ』集合写真

マーク・ハミル、『スター・ウォーズ』キャスト大集合写真に隠された秘密を暴露! 実はある加工が施されていたことが明らかに[写真あり]

2021年7月30日
『スター・ウォーズ』

マーク・ハミル、ネット上にあふれる怪しい『スター・ウォーズ』グッズにモノ申す! 「こんなモノを作った人たちは一体どうしちゃったんだ!?」と思わず言ってしまったある奇妙なグッズとは・・[写真あり]

2021年7月14日
『スター・ウォーズ』

『スター・ウォーズ』マーク・ハミル、ファンたちによる都市伝説「大きなルーク存在説」についに言及[画像あり]

2021年3月23日
ライトセーバーをのぞき込むルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)

マーク・ハミル、ネット上でバズったあの『スター・ウォーズ』画像に言及! 「見るたびにヒヤヒヤする」

2021年3月10日
tvgrooveをフォロー!