アレック・ボールドウィン銃誤射事件、当時の911通報の詳細が明らかに「すぐ助けが必要です」[音声あり]

アレック・ボールドウィン
アレック・ボールドウィン

俳優のアレック・ボールドウィン(63)が映画の撮影現場で小道具の銃(プロップガン)を誤射し、撮影監督のハリナ・ハッチンス(42)が死亡、監督のジョエル・ソウザ(48)が負傷する事故が発生した件で、当時の911の音声が明らかになった。

TMZが入手した音声によると、脚本監督と名乗る女性が通報している。彼女は、スタッフらがリハーサルをしていたところ銃が発射されたと説明した。「映画のセットで小道具の銃で誤って2人が撃たれてしまいました」「すぐに助けが必要です」とオペレーターに伝え、銃が誤射したあと、みんなが逃げ出したことも伝えている。

その銃に実弾が装填されていたかどうかを聞かれた脚本監督は、「わからない」と答えている。

この通報を受け、サンタフェ保安官事務所は現地時間の午後1時50分頃にこの事件に対応したという。

サンタフェ郡保安官事務所によると、事故後にハッチンスさんはニューメキシコ大学病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。また、Deadlineによると、監督のジョエル・ソウザは入院したが、彼はその後退院しているという。

ハッチンスさんが亡くなった後、俳優や映画関係者が追悼の意を評した。俳優のジョー・マンガニエロは「彼女は才能を持ったすばらしい人だった。彼女はとても優れた目とビジュアルスタイルを持っていて、次に何をやってのけるのか見てみたいと思わせるような撮影監督でした」とコメントしている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JOE MANGANIELLO(@joemanganiello)がシェアした投稿

今のところ、告訴はされておらず、事件の調査は引き続き行われている。

アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン銃誤射事件で、撮影現場にいたクルーが証言・・事件前「安全とは思えなかった」当時の状況とは・・?

2021年10月23日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン、映画の撮影で小道具の銃を誤射し1人死亡、監督が負傷する事態に

2021年10月22日
ストックストン警察のFacebookより

アメリカで黒人男性が7発も銃で撃たれる ヘイトクライムの可能性として捜査開始・・被害者の兄が衝撃的な事件の詳細を明かす「男がトラックから降りてきて・・」

2021年10月17日
レディー・ガガと、ライアン・フィッシャー

銃撃されたレディー・ガガの愛犬散歩代行人、事件後にガガから手厚いケアを受けていた! 「彼女は医療費を全て支払ってくれました」

2021年9月21日
ドナルド・トランプ米大統領と、メラニア夫人

メラニア・トランプ夫人、米議会銃撃事件当日に広報担当に送ったメッセージが物議をかもす! 暴力を肯定するようなそのショッキングな内容とは・・?

2021年9月15日
tvgrooveをフォロー!