銃誤射事件でアレック・ボールドウィンに銃を渡したアシスタントディレクター、以前にも“銃の扱い”で問題に・・・映画プロジェクトから解雇されていた

アレック・ボールドウィン
アレック・ボールドウィン

映画『Rust(原題)』の撮影中に俳優アレック・ボールドウィンのプロップガン(小道具の銃)が誤射され、撮影監督の女性、ハリナ・ハッチンスが死亡し、監督のジョエウ・ソウザが負傷する事故が起きた件で、アレックに銃を渡したとされるアシスタントディレクターに注目が集まっている。

アレック・ボールドウィン↓↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Page Six(@pagesix)がシェアした投稿

アシスタントディレクターのデビッド・ホールズは事故が発生する前に、アレックに「小道具の銃には弾が入っていない」と伝え渡していた。実は、彼は2019年に銃の扱いに関することである映画のプロジェクトから解雇されていたのだという。

当時のことを知る映画『Freedom's Path(原題)』のプロデューサーがNBC NewsとDeadlineに語ったところによると、デビッド・ホールズは、銃が不意に発射してクルーが負傷した直後に、セットから外されたのだという。「彼は、銃が不意に発射され、クルーが軽傷と一時的なケガをおった後、同映画のセットから解雇されました。私が確認できることはそれだけです」と語った。クルーがどのようなケガをしたのか明らかにはなっていないが、「銃が発射した後の反動で倒れた」とのことだ。

彼と一緒に働いたことがあるという小道具職人は、NBCに対して「彼は安全な作業環境を維持していませんでした。セットはほとんどの場合、閉所恐怖症になる感覚でした。防火帯が確立されておらず、出口が塞がれていました...安全に関する会議はされていなかったのです」と述べている。

ニューメキシコ州労働安全衛生局は、『Rust(原題)』の事件について現在も調査を行っている。

アレック・ボールドウィン

誤射事故を起こしたアレック・ボールドウィン、過去のあるツイートが急浮上・・ 「間違って誰かを殺してしまったらどう感じるべきなんだろう」

2021年10月26日
アレック・ボールドウィン

銃誤射事件で亡くなった映画撮影監督の父、初めて娘の死について語る・・銃を発射したアレック・ボールドウィンを「責めない」

2021年10月26日
ヘイリー・ビーバーと、アレック・ボールドウィン

ヘイリー・ビーバー、叔父アレック・ボールドウィンの誤射事故を受け声明発表 「想像を絶する悲劇、心が張り裂けそう」、 亡くなった撮影監督へ追悼メッセージを送る

2021年10月25日
アレック・ボールドウィン

映画撮影現場での銃誤射事故、ついにアレック・ボールドウィン本人が声明を発表 「ショックと悲しみで言葉にできません」 亡くなった撮影監督の遺族へのサポートについても明かす

2021年10月24日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン銃誤射事件、当時の911通報の詳細が明らかに「すぐ助けが必要です」[音声あり]

2021年10月24日
tvgrooveをフォロー!