映画撮影現場での銃誤射事故、ついにアレック・ボールドウィン本人が声明を発表 「ショックと悲しみで言葉にできません」 亡くなった撮影監督の遺族へのサポートについても明かす

アレック・ボールドウィン
アレック・ボールドウィン

俳優のアレック・ボールドウィン(63)が映画の撮影現場で小道具の銃(プロップガン)を誤射する事故が発生した件で、ついにボールドウィン本人が声明を発表した。

10月21日、米ニューメキシコ州サンタフェにある「Bonanza Creek Ranch」にて、アレック・ボールドウィンが出演する西部劇映画『Rust(原題)』の撮影がおこなわれていた。そこでボールドウィンが小道具の銃(プロップガン)を誤射し、撮影監督のハリナ・ハッチンス42が死亡。監督のジョエウ・ソウザ(48)が負傷する事故が起き、世間を騒がせる大きなニュースとなった。

この事故後、ついにボールドウィンが公式ツイッターにて声明を発表した。

ボールドウィンは「一人の妻であり、母親であり、私たちの同僚であるハリナ・ハッチンスの命を奪った悲劇的な事故に、私はショックと悲しみのあまり伝える言葉がありません」と亡くなったハッチンスへの悲しみをつづった。

さらに「私はこの悲劇がどのように起こったか対処するため、警察の調査に全面的に協力しており、また彼女の夫と連絡を取り、彼と彼の家族をサポートさせていただいています」と、現在自身にできることを精一杯おこなっていることを明かした。

そして「彼女の夫、二人の息子、そしてハリナの知人で、彼女を愛していたすべての人のことを思うと心が張り裂けそうです」と、悲しみをつづった。

現在撮影セットで使用されたプロップガンの詳細はまだ明らかになっていないが、警察が捜査を進めている。

アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン銃誤射事件で、撮影現場にいたクルーが証言・・事件前「安全とは思えなかった」当時の状況とは・・?

2021年10月23日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン、映画の撮影で小道具の銃を誤射し1人死亡、監督が負傷する事態に

2021年10月22日
ストックストン警察のFacebookより

アメリカで黒人男性が7発も銃で撃たれる ヘイトクライムの可能性として捜査開始・・被害者の兄が衝撃的な事件の詳細を明かす「男がトラックから降りてきて・・」

2021年10月17日
レディー・ガガと、ライアン・フィッシャー

銃撃されたレディー・ガガの愛犬散歩代行人、事件後にガガから手厚いケアを受けていた! 「彼女は医療費を全て支払ってくれました」

2021年9月21日
アレック・ボールドウィンと妻ヒラリア

アレック・ボールドウィン&妻ヒラリアに第6子が誕生! しかし一部で批判の声、アレックが「だまっていろ」とブチギレの反論

2021年3月3日
tvgrooveをフォロー!