第64回グラミー賞、ノミネートされた曲のほとんどが「TikTok」で大ヒットしていた! オリヴィア・ロドリゴ、カーディ・B…バズる曲の共通点とは・・?

オリヴィア・ロドリゴと、シルク・ソニック
オリヴィア・ロドリゴと、シルク・ソニック

11月23日(火)、グラミー賞を主催するレコーディング・アカデミーは、第64回グラミー賞のノミネート曲を発表。それらの曲のほとんどが、何らかの形でトレンドに影響を与えたり、TikTokで話題になったものばかりであることが明らかになった。

特に、主要部門にノミネートした曲の多くがTikTokで有名になっていることから、このアプリがいかにポップカルチャーを反映したものとなっているかを物語っている。

主要部門である「年間優秀楽曲賞」にノミネートしている9曲のうち7曲、「年間優秀レコード賞」にノミネートしている10曲のうち7曲が、TikTokでヒットしたものだ。

これらの中には、リル・ナズ・Xの「Montero (Call me By Your Name)」(TikTokでの使用回数220万回)や、オリヴィア・ロドリゴの「Drivers License」(TikTokでの使用回数140万回)、シルク・ソニックの「Leave The Door Open」(TikTokでの使用回数10万1500回)といった楽曲が含まれている。

また、楽曲に合わせたダンスが話題を呼び、TikTok上での流行につながったものもある。

「ベスト・ラップ・パフォーマンス賞」にノミネートされているカーディ・Bの「Up」もその1つだ。マイア・ジョンソンとその友人クリス・コッターによって振り付けられ、そのマネしやすさが人気となり、TikTok上では230万本もの動画で使用された。

@theemyanicole had to do our dance again🔥🔥 @cchrvs #upwmyaxchris ♬ Up - Cardi B

2018年にMusical.lyと合併し、アメリカでサービスを開始して以来、アーティストやレーベルにとって不可欠なプロモーションツールとなっているTikTok。2019年には、リル・ナズ・Xの「Old Town Road」やリゾの「Truth Hurts」といった楽曲がTikTokの影響でビルボードチャートを押し上げたことで、このアプリの力が明らかになった。

第64回グラミー賞の受賞式は、2022年1月31日(日本時間2月1日)に開催される。

セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、自身初となるグラミー賞ノミネートに大パニック! 「冗談でしょ?!」 スタッフやファンへの感謝を興奮交じりに明かす

2021年11月25日
マリリン・マンソン

性的暴行を告発されたマリリン・マンソン、グラミー賞にノミネートで物議をかもす! 主催側が擁護のコメントを発表 「作品を制限したりしない」

2021年11月25日
ザ・ウィークエンド

「グラミー賞を一生ボイコット」宣言したザ・ウィークエンド、第64回グラミー賞でまさかのノミネート! いったいどういうこと・・?

2021年11月24日
ジョン・バティステと、オリヴィア・ロドリゴ

第64回グラミー賞授賞式のノミネートが発表! ジョン・バティステが最多11部門、オリヴィア・ロドリゴが主要4部門全てにノミネートの快挙

2021年11月24日
第63回グラミー賞授賞式の様子

「第64回グラミー賞授賞式」2022年2月1日(火)にWOWOWにて独占生中継&配信決定!感動的な受賞の瞬間はもちろん、ビッグアーティストたちのパフォーマンスに期待

2021年11月23日
tvgrooveをフォロー!