「グラミー賞を一生ボイコット」宣言したザ・ウィークエンド、第64回グラミー賞でまさかのノミネート! いったいどういうこと・・?

ザ・ウィークエンド
ザ・ウィークエンド

昨年グラミー賞をボイコットし大きな話題となった人気歌手のザ・ウィークエンドが、第64回グラミー賞にて、ある形でノミネートを果たしたようだ。

ザ・ウィークエンドといえば、去年リリースしたアルバム「アフター・アワーズ」が大ヒットを記録。アルバムと収録曲は数々の快挙を成し遂げ、第63回グラミー賞では、ザ・ウィークエンドが最多ノミネートされるだろうと誰もが予想していたが、まさかのゼロノミネートという結果に。

ザ・ウィークエンドはこれに対し、グラミー賞を「腐りきった不正」とツイート。レーベルに、今後一切自身の楽曲をグラミー賞に提出させないと断言したといい、これから先、一生ボイコットをすると断言。

これに多くのアーティストが賛同。またグラミー賞の「秘密の委員会」とも呼ばれる、アカデミーや委員会とコネクションを持つアーティストを優遇するシステムを大バッシングした。

そんなグラミー受賞をもう望んでいないザ・ウィークエンドだが、なんと第64回グラミー賞にある形でノミネートされている。

今回、最優秀メロディック・ラップ・パフォーマンス賞にカニエ・ウェストの楽曲「Hurricane」がノミネートされ、ザ・ウィークエンドはこの楽曲にフィーチャリングで参加をはたしている。

さらに最優秀アルバム賞でカニエ・ウェストの「DONDA」、ドージャ・キャットの「Planet Her (Deluxe)」がノミネートされ、ザ・ウィークエンドはこれら2つのアルバムに参加をしていることから、今回「間接的」に3つものノミネートを果たす形となった。

今回のノミネートに関し、本人や関係者はコメントを出していない。

ジョン・バティステと、オリヴィア・ロドリゴ

第64回グラミー賞授賞式のノミネートが発表! ジョン・バティステが最多11部門、オリヴィア・ロドリゴが主要4部門全てにノミネートの快挙

2021年11月24日
ザ・ウィークエンド

歌手ザ・ウィークエンド、ノミネーションなしで「今後グラミー賞を一生ボイコット」宣言! 理由は「秘密の委員会」の存在・・・

2021年3月12日
ザ・ウィークエンド

ザ・ウィークエンド、グラミー賞のゼロノミネーションを受け改めてコメントを発表 「ただ答えがほしかった」「もうどうでもいい」

2021年1月29日
ドレイクと、ザ・ウィークエンド

ドレイク、ザ・ウィークエンドがグラミー賞でノミネート“ゼロ”だった件に反応! 「グラミーは変わろうとしない」とバッシング

2020年11月27日
ザ・ウィークエンド

今年大ヒットしたザ・ウィークエンド、第63回グラミー賞でまさかのノミネート“ゼロ”! これには本人も「グラミーは腐敗してる」と痛烈バッシング ノミネートから外れた理由とは

2020年11月25日
tvgrooveをフォロー!