キルスティン・ダンスト、過去にプロデューサーから「歯を治せ」と言われていた! 業界の“美の基準”にウンザリ・・彼女が「自分のままでうつくしい」と感じた瞬間とは?

キルスティン・ダンスト
キルスティン・ダンスト

『スパイダーマン』シリーズなどで知られる人気女優のキルスティン・ダンスト。彼女はハリウッドで30年以上のキャリアがあり、これまで80本以上の映画に出演してきたが、そんな彼女でも業界ならではの“美の基準”に当てはまっていない部分があったという。

キルスティン↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kirsten Dunst(@kirstendunst)がシェアした投稿

数々の賞を受賞してきたキルスティン。彼女はネットフリックスとの新しいインタビューで「プロデューサーが私の歯を治したがったの」と振り返った。そんな彼女を救ったのは監督のソフィア・コッポラだったのだとか。

キルスティンはコッポラ監督の映画『ヴァージン・スーサイズ』に出演した時のことを振り返って、「初めてうつくしい女性として見られたわ。そしてそれ(その機会)を与えてくれたのが、女性だったこと。若かった私にとって、自分自身と自分のうつくしさへの気持ちの面で、とても勇気づけられたわ」と語った。「彼女(コッポラ監督)は、私に自信を与えてくれたわ。その時、プロデューサーは私の歯を治したがっていたのにね・・・彼らは若い女優を同じ見た目に変えて、操ろうとしているのよ」。

キルスティンはコッポラ監督にとても感謝しており「彼女は、私が自分自身をうつくしいと感じさせてくれたの。そう感じ、その機会を与えられたことは、私の人生の中でとても重要だったわ」と締めくくった。

実は彼女、11月にインディペンデント紙とのインタビューで、2002年に『スパイダーマン』に出演したとき、プロデューサーの一人が、彼女に矯正を勧め、歯医者に連れて行ったことを明かしていた。キルスティンは「私は自分の歯が好きなのよ」と話し、車から降りるのを拒否した。

キルスティン・ダンスト

キルスティン・ダンスト「私とスパイダーマンとのギャラの格差はとても大きかった」と暴露!「ギャラについて考えもしなかったけど・・・」と複雑な心境を明かす

2021年11月17日
トビー・マグワイア(スパイダーマン)とキルスティン・ダンスト

キルスティン・ダンスト、『スパイダーマン』最新作にMJ役で登場する可能性は? 本人が意味深発言・・「『ノー』なんて言うはずがないわ」

2021年11月16日
キルスティン・ダンスト

キルスティン・ダンストやガル・ガドットなど、次はだれの子どもが生まれる?現在妊娠中のセレブたち[写真あり]

2021年4月14日
トビー・マグワイア(スパイダーマン)とキルスティン・ダンスト

MCU『スパイダーマン3』でトビー・マグワイアとキルスティン・ダンストとの再共演が実現?! ともに復帰するために交渉中とのウワサ

2020年12月9日

キルスティン・ダンスト主演×ジョージ・クルーニー製作総指揮『ビカミング・ア・ゴッド』(全10話) 5月1日(金)より、「スターチャンネルEX」にて独占配信決定

2020年4月6日
tvgrooveをフォロー!