ネットフリックス「セリング・サンセット~ハリウッド、夢の豪華物件」マヤ・ヴァンダー、妊娠38週目で死産したことを公表 「週に一度の定期検診が、悪夢に変わった」

マヤ・ヴァンダー
マヤ・ヴァンダー

ネットフリックスの人気リアリティ番組「セリング・サンセット~ハリウッド、夢の豪華物件」に出演しているマヤ・ヴァンダーが、妊娠38週目で死産したことを公表した。

現地時間12月10日、マヤ・ヴァンダーは、妊娠38週目に死産したと言う悲痛な報告し、生まれてくるはずだった我が子のための洋服の写真を投稿。「昨日は私の人生で最も辛い日でした」と書き始めると、「38週目に死産しました。死産についてはよく聞いていましたが、まさか自分が統計の一部になるとは想像もしていませんでした」と、赤裸々につづった。

さらにマヤは「赤ちゃんを出産する代わりに、私は思い出の箱を持って家に帰ることになりました。こんなことは誰も望んでいません。週に一度の定期検診が、私には想像もつかない悪夢に変わってしまったのです」と悲痛な思いを書きつづった。

マヤには現在2歳になるエイデンと、19ヶ月のエルの二人の子供が誕生しており、この夏に第三子の妊娠を発表。番組の中でも妊娠について触れていた。

またマヤは「私が番組で自分の妊娠を紹介していることを考えると、このことを投稿して、『予定日はいつですか?』という質問を避けなければいけないことをわかっていました。あなたはいつも私の心の中にいるわ。メイソン・ミラー」と、亡くなってしまった第三子の名前を最後に添えた。

tvgrooveをフォロー!