マーベル「シー・ハルク」に、「デアデビル」登場の可能性!? このウワサにマーベル社CEOのケヴィン・ファイギが言及 権利を取り戻したことがキッカケに・・?

チャーリー・コックス
チャーリー・コックス

マーベル・スタジオが新たに手がけるオリジナルドラマシリーズ「シー・ハルク(原題)」に、「デアデビル」のマット・マードック(演:チャーリー・コックス)が登場する可能性について、マーベル社CEOのケヴィン・ファイギが言及している。

今月はじめ、ケヴィン·ファイギは、「デアデビル」のマット・マードックが今後MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でデアデビルの役を再演すると認めたことが話題に。

かつて、チャーリー・コックスと「ザ・ディフェンダーズ」で共演した女優のジェシカ・ヘンウィックによると、コックスはずいぶん前から、自分がデアデビルとして再登板することを承知していたと明かしている。

そしてファイギは、もしデアデビルが他のMCU作品に参加するとしたら、「シー・ハルク」となるかもしれないとほのめかしている。

昨年12月に開催された、ディズニーの投資家向けイベント「Disney Investor Day 2020」にて、ファイギは監督カット・コイロとアヌ・バリアによる、とてもおもしろい新シリーズが進行中であることを発表。

この作品について、「178cmという長身、さらに緑色の肌を持ちながら、プロとして認められ、世界を導こうとする女性の物語」と説明、タイトルは「シー・ハルク」であることを明かした。

さらにファイギは「(主人公の)ジェニファー・ウォルターズ(演:タチアナ・マスラニー)は、スーパーヒーロー向けの法律事件を専門とする弁護士なので、エピソードごとにどんなマーベルキャラクターが登場するかわからない」と、この作品へのマーベルヒーローたちのゲスト出演をほのめかした。

そして、今年に入り、マーベル社がコックス演じるマット・マードックと、その他のキャラクターに関する権利を取り戻したことから、ファンの間では「シー・ハルク」のシリーズへの登場に期待が高まっている。弁護士同士であるマードックとウォルターズの共演の可能性も十分にあるだろう。

「シー・ハルク」は2022年、ディズニープラスで配信予定。

チャーリー・コックス

チャーリー・コックスがMCUでデアデビル役を再演!マーベル社長が断言、 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』へ出演のウワサは本当・・?ファンの期待が高まる[写真あり]

2021年12月7日
チャーリー・コックス

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の予告編には「デアデビル」が映り込んでいた!? このウワサにデアデビル役のチャーリー・コックスがコメント

2021年9月3日

「アベンジャーズ」トム・ヒドルストンと「デアデビル」チャーリー・コックスが衣装を交換! マーベルファンが絶叫[動画あり]

2019年11月2日

マーベルが女性ヒーロー版「アベンジャーズ」制作の噂? キャプテン・マーベル、シー・ハルク、女性版ソーなどが参加か

2019年9月3日
チャーリー・コックス

NETFLIX「デアデビル」、打ち切りからの復活めざすキャンペーンがスタート! チャーリー・コックスらキャストも支援

2019年1月15日
tvgrooveをフォロー!