ジョニー・デップ、1万点以上のユニークなアートをNFTで販売!ジョニーの新コレクション「Never Fear Truth」、絵のモデルにヒース・レジャーやティム・バートンも

ジョニー・デップ
ジョニー・デップ

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどで知られる俳優のジョニー・デップが、「Never Fear Truth」というコレクション名で1万点以上のアートをNFTで販売することがわかった。

NFT(non-fungible token)とは、ブロックチェーン技術を使用して取引される唯一無二の検証可能なデジタル資産。ジョニーは今回、オリジナルのアートワークを作って、NFTで販売するのだという。ジョニーが販売する肖像画には、ジョニー自身のほか、マーロン・ブランド、エリザベス・テイラー、ハンター・S・トンプソン、ヒース・レジャー、娘のリリー=ローズ・デップ、ティム・バートン、ジョニーの亡くなった愛犬ムー、息子が作ったバニーマンという架空のキャラクターなどが描かれている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Johnny Depp(@johnnydepp)がシェアした投稿

ジョニーは声明の中で、「私はいつも芸術を利用して自分の感情を表現し、家族、友人、尊敬する人など、私にとってとても重要な人たちを思い浮かべてきました。私の絵は私の人生の周りにありますが、それを自分の中にしまい込んで、自分を抑えていたのです。でも、誰も自分を制限するべきではありません」としている。

ジョニーの作風は、ポップとストリートアートをミックスしたようなもの。ポップカルチャーに登場する人物のイメージを鮮やかな色彩で表現している。

またジョニーは販売収益の25パーセントをロサンゼルス小児病院、グレート・オーモンド・ストリート小児病院、エリザベス・テイラー・エイズ財団、デップのヒーローであるハンター・S・トンプソンを記念して創設されたゴンゾ・トラストなどの慈善団体に寄付する予定だという。

さらに「Never Fear Truth」のNFTを購入すると、Discord上のジョニーの独占コミュニティにアクセスすることが可能。ファンにはたまらない特典だ。ジョニーは「私のサポーターに敬意を表し、私の家族にとって重要なチャリティーを支援する機会を得たことは、信じられないほどの贈り物。このNFTを中心に、新しい仲間たちのコミュニティを作れればと思います」としている。

ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、”キャンセル”されて以来初の役柄はなんと王様! フランスの映画に出演決定、夏から撮影開始か

2022年1月24日
クエンティン・タランティーノ

クエンティン・タランティーノ、なんとNFTの販売権利侵害で訴えられる!? 『パルプ・フィクション』の権利を持つ映画会社が激怒 「契約を無視するかのような行動だ」

2021年11月21日
クエンティン・タランティーノ

クエンティン・タランティーノ監督、ヒット映画『パルプ・フィクション』の未公開シーンをNFTとして出品へ! 「世界に一つだけのもの」

2021年11月4日
ポーランド人インフルエンサーのマルタ・レンテル

ポーランド人インフルエンサー、ネット上で高額販売したのはなんと「自分の愛」!? デジタル形式の愛を売り買いすることとは・・

2021年8月2日
「Charlie Bit My Finger(チャーリーに指をかまれた!)」

再生回数8億回を突破した、あの有名なかよし兄弟動画がYouTubeから去ることに! そのオドロキの理由とは[動画あり]

2021年5月25日
tvgrooveをフォロー!