ディズニー映画、3Dから2Dに戻る・・?『アラジン』のアニメーターが語る「手描きのアニメーションを必要とするコンテンツが・・・」

『アラジン』
『アラジン』

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最も有名なアニメーターの一人であるエリック・ゴールドバーグ。彼はこれまで『アラジン』のロビン・ウィリアムズ演じるジーニーのリードアニメーターを務めた後、『ヘラクレス』、『プリンセスと魔法のキス』、『くまのプーさん』などでのアニメーションを担当してきた。そんな彼は、手描きのコンテンツを作ることを検討していると説明している。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Disney(@disney)がシェアした投稿

ディズニーといえば『白雪姫』や『ピノキオ』など初期作品で大成功を収めたものの、長編アニメーションの人気は年々低下。しかし1989年の『リトル・マーメイド』より2Dアニメーションへの関心が再び高まり、記録的な大ヒットとなった。その後、3Dアニメーションやピクサー・スタジオの登場により、手描き映画に対する観客の熱意は再び低迷し、2Dよりも3Dで映画が作られることが多くなった。

▽Disney+ (ディズニープラス)入会方法

そんな中、IndieWireの取材に応じたゴールドバーグは、手描きアニメーションがいかに「スタジオの遺産の一部」であるかということに言及している。「私は長い間、手描きアニメーションの人材を育成してきました。CG映画が普及するにつれて、その考えはスタジオにとって重要ではなくなってきました。しかし、今では、手描きアニメーションを遺産の一部として認識する雰囲気やグループができていますし、手描きアニメーションを必要とするコンテンツが実際にあることは、本当に素晴らしいことです」と、2Dアニメーションのプロジェクトを増やしていくことを検討していると話している。

ディズニーの2D映画のファンにとって、これは非常によろこばしいニュースであることは確かだ。来年、ディズニー・スタジオは100周年を迎えるが、この記念すべき年に、手描きアニメーションのプロジェクトが発表される可能性もあるかもしれない。

ディズニープラスが、5月の新作ラインナップを発表

ついに「オビ=ワン・ケノービ」がヴェールを脱ぐ! ディズニープラス、5月の新作ラインナップを発表

2022年4月26日
「ビリーとリサのはじめての出会い」The Simpsons ™ & © 2022 20th Century Studios

ビリー・アイリッシュが“ザ・シンプソンズ”と夢の共演! 「ビリーとリサのはじめての出会い」が、ディズニープラスで4/22より独占配信決定

2022年4月21日
『スニーカーシンデレラ』© 2022 Disney

ディズニーが贈る“現代版シンデレラ”はデザイナーを夢見る“少年”! 『スニーカーシンデレラ』ディズニープラスで5/13より独占配信スタート[予告編あり]

2022年4月20日
「22世紀ファミリー~フィルにおまかせ~」

リッキー・ウルマン、米ディズニー・チャンネルの隠れた名作「22世紀ファミリー~フィルにおまかせ~」のリブートに意欲!? 「絶対にノーとは言わない」

2022年4月19日
クロエ・カーダシアン(左)、キム・カーダシアン Photo: CraSH/imageSPACE/Shutterstock

カーダシアン一家、ディズニーランドで乗り物を独占!? ゲストが列に並ぶ中、自分たちだけエンジョイ・・? あるTikTok動画に賛否の声

2022年4月15日
tvgrooveをフォロー!