アシュリー・グラハム、双子の出産で命を落としかけていた! 気絶、大量出血・・「目の前が真っ暗になって星のようなものが見えた」 壮絶な出産体験を明かす

アシュリー・グラハム
アシュリー・グラハム

アシュリー・グラハムが、壮絶な出産体験を明かしている。

プラスサイズモデルのアシュリー・グラハムはこのたび、雑誌「Glamour」に掲載された最新エッセイにて、今年1月、双子の息子たちマラキとローマンを自宅出産した際に、自らの命が危機にさらされたことを告白した。

およそ3時間半の陣痛を乗り越え、アシュリーは2人の息子たちを無事出産した。しかしこの後、彼女は気分が悪くなり、気絶したという。のちに、出血多量であったことがわかったそうだ。

アシュリーはエッセイの中で、「私が覚えているのは、誰かが私のほほを軽く触れているような感覚があったってこと。あとでわかったんだけど、それは誰かが私の意識を確かめるため、軽く叩いていたものだったの。誰かが私の手を握っていてくれて、夫のジャスティン(・アーヴィン)が耳元で祈り続けてた。腕に注射も打たれていたそうよ」と振り返ると、「それから目の前が真っ暗になって、星のようなものが見えたのも覚えているわ」と続けた。

アシュリーが目を覚ますと、助産師やスタッフらは懸命に彼女を落ち着かせようとしたが、アシュリーは「何かがおかしい」と感じたという。

「彼らは詳しい話をしようとしなかったの。でもあたりを見渡すと、まさに血の海。内臓の奥底から叫び声をあげてしまったわ」と、状況の把握ができなかったことを明かしたアシュリーは、「カオスから感情を解放するための叫びだった」とつづった。

そんなアシュリーは、今回そんな壮絶体験を公表したことについて、親になる人々に知ってほしかったとした上で、みんな1人ではなく、誰もがみんな、全て整った状態で迎えられるわけではないと付け加えた。

そして、「いまも、体が完全に回復したわけじゃない」としたアシュリーは、「毎日、不安定な状態よ。でも私自身に伝えたい。『私は子供たちを誕生させ、大量出血から復活し、3人の男の子たちの母親をやりながら、体型の変化とたたかいつづける戦士なんだ』って」としめくくった。

アシュリー・グラハム

プラスサイズモデルのアシュリー・グラハム、体毛について語る「わたしは好きなように剃って、好きなように残す」[動画あり]

2021年5月14日
左からザック・エフロン、キム・カーダシアン、マイケル・B・ジョーダン

そんな場所で!? とんでもない場所でセックスしたことを大胆告白したセレブまとめ 映画館から飛行機、さらには火山の横まで意外過ぎる場所を暴露

2021年1月25日
アシュリー・グラハム(左)、ジェニファー・アニストン

プラスサイズモデルのアシュリー・グラハム、ジェニファー・アニストンをSNSでナンパしていた!? 「私からインスタのDMをした」[動画あり]

2020年12月2日

プラスサイズモデルのアシュリー・グラハム、男の子を出産

2020年1月21日

アシュリー・グラハム、なんとベビーシャワーでタトゥー&ピアス! 型にはまらないワイルドなパーティーを開催[動画あり]

2019年11月11日
tvgrooveをフォロー!