ホールジー、「中絶は私の人生を救った」3度の流産を振り返り「簡単に妊娠できるのに、妊娠を維持するのに苦労するのは残酷な皮肉に思えた」

ホールジー
ホールジー

人気歌手のホールジーが、中絶をしたことが彼女自身の人生を「救った」と語っている。

ホールジーは、アメリカ連邦最高裁判所が、ロー対ウェイド判決(中絶が認められる女性の権利)をくつがす判断を下したことを受け、7月1日にヴォーグに自身の見解をつづっている。

「私は、多くの人に、中絶に対する自分のスタンスを考え直したのかと聞かれたわ。何年も苦労して子供を産んでからね」「その答えはノー。実際、これほど強く感じたことはないわ」とコメント。

ホールジーは続けて、「中絶は私の人生を救い、私の息子に道を与えた。すべての人が、この危険で人生を左右する経験を、いつ、どのようにするか選択する権利があるの。私は片腕に息子を抱き、もう片方の腕で全力で戦いうわ」。

2021年7月にアレヴ・アイディンとの第1子を出産したホールジーは、24歳の誕生日までに「3回流産した」ことも明かしている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

halsey(@iamhalsey)がシェアした投稿

「簡単に妊娠できるのに、妊娠を維持するのに苦労するのは残酷な皮肉に思えた」と振り返ったホールジー。さらに流産の1回は、医療介入なしでは敗血症になる危険があるため、アフターケアが必要だったことも明かしている。「私の命を脅かす妊娠を終わらせるために必死だった」というホールジーは、処置中に泣いていたという。「私は自分が怖くて、無力だった 」とホールジーは振り返り、その経験からトラウマを持ち、遺書を書き直したとも明かした。

ホールジーといえば、アリゾナ州で公演を行った際、中絶権に関する最高裁の判決を支持するならコンサートを去るべきだとファンに告げたことも話題となっていた。

マドンナ

人気歌手マドンナ、人工中絶禁止の判決は「深い絶望」!「実際、私たちは銃より少ない権利しか持っていません」「私は娘たちのことが心配です」

2022年6月29日
ミシェル・オバマ Photo: TANNEN MAURY/EPA-EFE/Shutterstock

ミシェル・オバマ元米大統領夫人、人工中絶禁止の決定を猛批判! 「破滅的な結末をむかえることになる」

2022年6月28日
ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ、「人工中絶禁止」よりも芸能人スキャンダルばかりに注目するネットユーザーに苦言! 「自分の体に関する権利を失おうとしているのに…」

2022年6月28日
ジョディ・スウィーティン

「フルハウス」ジョディ・スウィーティン、抗議デモ中に警察に押し倒され大転倒! 「正義がなければ平和もない」… 中絶禁止法への憤りをあらわに[動画あり]

2022年6月27日
グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロング

人気バンド「グリーン・デイ」ビリー・ジョー・アームストロング、米中絶禁止法を受け、市民権を放棄し移住を決意! 「アメリカなんてクソくらえ」[動画あり]

2022年6月27日
tvgrooveをフォロー!