ヒマラヤ大聖者 相川圭子 フジロックに降臨

人気歌手マドンナ、人工中絶禁止の判決は「深い絶望」!「実際、私たちは銃より少ない権利しか持っていません」「私は娘たちのことが心配です」

マドンナ
マドンナ

人気歌手のマドンナ(63)が、アメリカで人工中絶禁止の判決が下されたことを受け、「深い絶望」に陥っていると明かした。

先日、アメリカ連邦最高裁判所が、ロー対ウェイド判決(中絶が認められる女性の権利)をくつがす判断を下した。その後、『ワイルド・スピード』シリーズの故ポール・ウォーカーの娘、メドウ・ウォーカーが2020年に中絶をしたことを明かし声を上げ、歌手のオリヴィア・ロドリゴがコンサートのステージ上で怒りをあらわにするなどしている。

そんな中、マドンナは先週末にインスタグラムを更新。「この決定は、私とこの国の他のすべての女性を深い絶望に陥れました。今、最高裁判所は、女性の権利はもはや憲法上の権利ではないと判断しました。実際、私たちは銃より少ない権利しか持っていません。私は娘たちのことが心配です」とコメントした。さらに「私はアメリカのすべての女性を思うと怖いです。ただただ怖いのです。神様は、私たちがその重みに耐えられるほど強いと知っていたから、今、私たちの肩にこれをのせたのでしょう。戦うだけの強さ!克服する強さがある。だから、私たちは乗り越えなければならないのです。中絶の権利を守るための連邦法を作る方法を見つけましょう!女性たち、戦う準備はできていますか?」と続けている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Madonna(@madonna)がシェアした投稿

今回の最高裁の判決に、行動を起こしたセレブはたくさんいる。前述したメドウ・ウォーカー、オリヴィア・ロドリゴの他にもドラマ「フルハウス」や続編の「フラーハウス」などへの出演で知られる女優のジョディ・スウィーティン(40)が、中絶禁止法に対する抗議デモに参加し、その途中で警察にコンクリートにたたきつけられるという事件も起きた。

ミシェル・オバマ Photo: TANNEN MAURY/EPA-EFE/Shutterstock

ミシェル・オバマ元米大統領夫人、人工中絶禁止の決定を猛批判! 「破滅的な結末をむかえることになる」

2022年6月28日
ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ、「人工中絶禁止」よりも芸能人スキャンダルばかりに注目するネットユーザーに苦言! 「自分の体に関する権利を失おうとしているのに…」

2022年6月28日
ジョディ・スウィーティン

「フルハウス」ジョディ・スウィーティン、抗議デモ中に警察に押し倒され大転倒! 「正義がなければ平和もない」… 中絶禁止法への憤りをあらわに[動画あり]

2022年6月27日
グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロング

人気バンド「グリーン・デイ」ビリー・ジョー・アームストロング、米中絶禁止法を受け、市民権を放棄し移住を決意! 「アメリカなんてクソくらえ」[動画あり]

2022年6月27日
アレクサンドリア・オカシオ=コルテス

米最高裁の中絶を違憲とする判断に、女性政治家が強く抗議! レイプされ中絶を考えた自身の辛い過去も告白… 「これは女性の権利の問題なんかじゃない。全員の問題です」 [動画あり]

2022年6月27日
tvgrooveをフォロー!