『アベンジャーズ/エンドゲーム』、じつはメインキャラ3人が殺される予定だった!? マーベル社長の衝撃的な提案が話題に

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(インスタグラムより)
『アベンジャーズ/エンドゲーム』(インスタグラムより)

ケヴィン・ファイギは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のストーリーに、ある衝撃的な提案をしていたようだ。

このたびポッドキャスト番組「Happy Sad Confused」に2019年公開の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』で監督をつとめたアンソニー・ルッソとジョー・ルッソ兄弟が出演。制作を進めていく中で、マーベル社の社長のケヴィン・ファイギから、3人のメインキャラクターが命を落としてしまうというストーリーを提案されていたことを明かした。

番組の中でジョー・ルッソは、「ケヴィンは一時期、OGをすべて排除していくというような提案もしていたんだ」と切り出すと、「でも、それではあまりにも乱暴過ぎて、視聴者がついてこれないんじゃないかと思った。だから映画全体を通して犠牲となる人を1人か2人選べば、アクションを止めても内容にひたることができるんじゃないかと考えたんだ」と続けた。

なお、アンソニー・ルッソによると、早い段階で主要キャラクターたちの運命については話をしていたという。今回ケヴィンの提案が採用されることはなかったが、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の時点で、「安全な人物などだれもいない」ということに気がついていたそうだ。

そのため2人は、ストーリーを生かしていくためにどのキャラクターを犠牲にすべきか慎重に判断しなければならなかったようだ。結果、『アベンジャーズ/エンドゲーム』で命を落としたのは、アイアンマン(演:ロバート・ダウニー・Jr.)とブラック・ウィドウ(演:スカーレット・ヨハンソン)であった。

そして制作過程について、まだコンセプト案を出し合っている段階で「ケヴィンは『トイ・ストーリー3』みたいに、みんなで火の中に飛び込んで地球を救うというのもいんじゃないかと言っていた』と明かしたジョーは、「でもこの規模になると、話の展開という枠組みから一度はみださないといけない。だからどう計算するべきなのか、正直よくわからなかったんだよ」と付け加えている。

スカーレット・ヨハンソン

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の監督はスカーレット・ヨハンソンの訴訟をどう見たか? 「大きな変化が起こっている」・・ストリーミングサービスは映画業界をどのように変えていくのか、持論を展開

2021年10月19日
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』インスタグラムより

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の予告編、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の歴代記録をぬり替える! 24時間以内の再生回数がオドロキの数を突破

2021年8月26日
スカーレット・ヨハンソン

スカーレット・ヨハンソン、『アベンジャーズ/エンドゲーム』ブラック・ウィドウの衝撃的な決断について口を開く「さまざまな反応があって面白いけど私にとっては・・・」

2021年6月22日
ロバート・ダウニー・Jr.

ロバート・ダウニー・Jr.、『アベンジャーズ/エンドゲーム』公開から2周年を記念して舞台裏映像を公開! セリフ一切なしなのに「見るだけで泣けてくる」との声[動画あり]

2021年4月27日
「ワンダヴィジョン」

『アベンジャーズ/エンドゲーム』、本当は「ワンダヴィジョン」のポストクレジット映像が入る予定だったことが明らかに ヴィジョン役ポール・ベタニーがそのエピソードを明かす[動画あり]

2021年1月21日
『アベンジャーズ/エンドゲーム』のキャストが集結

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ロバート・ダウニー・Jrやクリス・ヘムズワースらがなんとオンライン上に集結しファンたち大興奮! 集まった理由とは…?[動画あり]

2020年5月3日
tvgrooveをフォロー!