テイラー・スウィフト、新曲のヒントは2年前から出していた!? あなたも気づかなかった「目からウロコ」のメッセージまとめ[写真あり]

テイラー・スウィフト

現地時間4月13日から、新曲リリースのカウントダウンを始めたテイラー・スウィフト。どうやら4月26日に久しぶりの新曲が聞けそうだが、テイラーがこのためにかなり前から驚きの方法で予告していたことが明らかとなった。

まず驚かされるのは、テイラー・スウィフトが2017年にリリースしたヒットアルバム「レピュテーション」より前に今回の新曲を予告していたという可能性。テイラーは「レピュテーション」発売前、アルバムを記念した特別マガジン「Reputation Magazine」を、ショッピングセンター「ターゲット」で限定発売。なんとそこには「4月13日」と書かれた、ろうの刻印が押されていたのだ。あれから2年経った2019年、テイラーが新曲のカウントダウンを開始したのは4月13日。もしやテイラー、2年前から今回の予告をしていたのだろうか・・・?そう考えると鳥肌モノだ。

2年前の刻印の写真

また、かなり前にプリントされたと思われるオフィシャルカレンダーにもすでに4月13日の場所にマークがしてあるという。

とあるファンは「カレンダーの4月13日にスタンプが押されていて、4月26日になにかが起こることがわかった。でもテイラーはここ最近、10月にならないとアルバムを出さない。カレンダーの10月3日にもスタンプが押されているから、4月はシングルで10月はアルバムリリースじゃない?」と予測。

またテイラーは昨年10月、自身が母親とゲーム「スクラブル」をプレイしている写真に、「ゲームを始めましょう」とキャプションをつけ投稿。スクラブルとは、アルファベットをならべ単語をできるだけ多くつくるという英語圏では有名なゲームなのだが、なんと4月13日は「ナショナル・スクラブル・デー」なのだという。これもやはり、テイラーが先回りしてヒントを出していたのだろう。

View this post on Instagram

Let the games BEGIN.

A post shared by Taylor Swift (@taylorswift) on

さらにテイラーのマネージメントチームは2019年の元旦、ツイッターにて虹の絵文字を115個ツイート。これを見たファンは解読しようと苦労したが、今思うと1月1日から4月26日までちょうど115日なのだ。

その上、最近テイラーが表紙を飾ったELLE誌の「30の教訓」の中で、26個目「ワクワクすることをカウントダウンすることにしている」と書いている。これもまた、予告のヒントなのだろう。

これらのヒントはどんどん難易度が上がっており、どんな鋭いファンでもさすがにお手上げ状態のようだ。あなたはどれかに気づいた・・・?

「アラジン」キャストがディズニーのトリビアのクイズに挑戦! 結果はどうなった?[動画あり]

2019.06.24

【ネタバレあり】トム・ホランド、「アベンジャーズ/エンドゲーム」最大のネタバレをし、また怒られる[動画あり]

2019.06.24

カミラ・カベロ、ショーン・メンデスとのコラボを断っていた!? 「これを言ったらファンに嫌われちゃう!」という制作エピソードを披露

2019.06.24

ハリー・ポッターはドラコ・マルフォイに恋していた!? マルフォイ役のトム・フェルトンが語った内容とは

2019.06.24

Netflix7月の最新作&注目作「ストレンジャー・シングス 未知の世界 3​」「紅海リゾート -奇跡の救出計画-」「死霊館のシスター」など

2019.06.24