エリザベス女王の葬列にいた2メートル超えの「背が高すぎる男性」にネット民が注目し大喜利状態に! いったい彼の正体とは・・?

マシュー・マギー
マシュー・マギー

エリザベス女王の葬列に現れた、「背が高すぎる男性」が注目を集めている。

9月19日(月)、ウェストミンスター寺院で執り行われた女王エリザベス2世の国葬。葬列に立つ人々の中に、その男性の姿はあった。

男性の名前はマシュー・マギーさん。女王の私設秘書の1人で、その身長はなんと7フィート2インチ(約2メートル18センチ)だという。葬列でひときわ目立つその存在に、ネット上では一体何者なのかを知りたがる声が多く上がった。

特にツイッター上では、マシュー・マギーさんの正体をめぐって大喜利状態に。

「葬列にいた背の高い男性、王室の人間だよね。きっと王室の電球交換係にちがいない」というコメントや、「みんな知らないの?彼、王室バスケ部のキャプテンとして有名なんだよ」といったコメントが見られた。

するとその後まもなくして、この男性がマギーさんであることが王室専門家によって明らかにされた。マギーさんは女王が亡くなるまでの4年間、彼女のそばで働いていたのだという。

マギーさんは北アイルランド出身。サセックス公爵夫妻の元に異動したサマンサ・コーヘンさんの後任として、2018年にバッキンガム宮殿に赴任した。

以前はエリザベス女王の三男エドワード王子の元で私設秘書として働いており、その優秀な頭脳とすばらしいユーモアセンスが評価され、見事、女王の元に「昇進」することになったという。

実際、マギーさんはここ数年女王と行動を共にしているところを目撃されている。女王は身長5フィート3インチ(約1メートル60センチ)であったことから、高低差のある2人が並ぶのはコミカルな光景でもあった。

エリザベス女王の国葬では、マギーさんだけでなく、毎朝女王の目覚まし時計がわりにパグパイプを演奏していたという男性による、最後の演奏も大きな話題となった。

国葬に参加できなかったメアリー皇太子妃(左)

エリザベス女王の国葬に、デンマークのメアリー皇太子妃を「まちがえて」招待! 英外務省が謝罪、このミスが起こった理由とは・・?

2022年9月21日
故フィリップ殿下と、故エリザベス女王 Photo: Tim Graham/Shutterstock

エリザベス女王、棺の埋葬地が公表! 最愛の夫フィリップ殿下と同じ場所へ

2022年9月20日
コーギーのミュイックとサンディ Photo: Gregorio Borgia/AP/Shutterstock

エリザベス女王のペットのコーギーとポニーも葬儀に参加! 女王に最後のお別れ[写真あり]

2022年9月20日
ヘンリー王子

ヘンリー王子、エリザベス女王の死を知ったのは、王室の公式発表のわずか5分前だった・・・スコットランドへと向かう飛行機の中で告げられる

2022年9月20日
エリザベス女王の棺 Photo: Dominic Lipinski/AP/Shutterstock

故エリザベス女王の棺に近づいた男を逮捕! 列に割り込み公式旗を持ち上げ暴走 突然のできごとに場内は騒然[動画あり]

2022年9月20日
エリザベス女王、ルイ王子、キャサリン妃

キャサリン妃の末っ子であるルイ王子、エリザベス女王の死を理解するのに「苦労している」

2022年9月20日
tvgrooveをフォロー!