女優のヘレナ・ボナム=カーターが、『ハリー・ポッター』原作者J.K.ローリングを擁護! 「批判が度を越している」 彼女を批判したダニエル・ラドクリフやエマ・ワトソンをどう思っている・・?

左からヘレナ・ボナム=カーター、ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、J.K.ローリング(2010年) Photo: Joanne Davidson/Shutterstock
左からヘレナ・ボナム=カーター、ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、J.K.ローリング(2010年) Photo: Joanne Davidson/Shutterstock

映画『スウィーニー・トッド』や『チャーリーとチョコレート工場』などで知られる女優のヘレナ・ボナム=カーターがこのたび、The Timesのインタビューに登場。キャンセルカルチャーや旧友ジョニー・デップ、作家J.K.ローリングの発言をめぐる騒動など、さまざまな世間の話題について率直な意見を述べている。

インタビューの中でヘレナは、「トランスジェンダー嫌悪(トランスフォビア)発言」で殺害予告を受けるほどの猛烈な反発を受けた人気ファンタジーシリーズ『ハリー・ポッター』の原作者J.K.ローリングについて、「ひどい話よ。バカバカしい」と一言。さらに、「批判が度を越していると思う。彼女が何かイヤな思いをしているのなら、意見を発信してもいいはず。みんなそれぞれ、トラウマのような思い出を抱え、それがいまの自分の意見を形づくっている。まずはその人の歴史や痛みを尊重すべきよ。すべてに同意しろとは言わない。そんなの変だし、退屈だからね。彼女には攻撃する意図はなかった。ただ、自分の経験に基づく意見を口にしただけ」と、ローリングを擁護する姿勢を見せた。

そんなローリングに対しては、ダニエル・ラドクリフやエマ・ワトソン、ルパート・グリントら「ハリー・ポッター』の劇場版出演者からも批判的に声が上がっていたが、これについてヘレナは「私個人としては、彼らは彼女(ローリング)に意見を言わせておくべきだったと思っている。でも、彼らにも守るべきファンが大勢いるから。それに彼らの世代もね」と理解を示している。

なお、ヘレナは不祥事によって有名人がただちに表舞台から立場を追われてしまう「キャンセルカルチャー」について、「ヒステリックで魔女狩りみたい」と述べた。

ジョニー・デップと、ヘレナ・ボナム=カーター(2009年) Photo: Amanda Schwab/Starpix/Shutterstock

ヘレナ・ボナム=カーター、過去に何度も共演したジョニー・デップと元妻アンバー・ハードのドロ沼裁判について触れる! 「わたし個人の意見として、アンバーは…」

2022年12月1日
キャンディス・キャメロン・ブレ

「フルハウス」キャンディス・キャメロン・ブレの「伝統的な結婚」発言が大炎上! LGBTQコミュニティを中心に批判殺到… それでもキャンディスを擁護する人物とは・・?

2022年11月18日
エマ・トンプソン、ケネス・ブラナー、ヘレナ・ボナム=カーター 左 Photo: Mediapunch/Shutterstock 右 Photo: Alan Davidson/Shutterstock

エマ・トンプソン、元夫ケネス・ブラナー&ヘレナ・ボナム=カーターの不倫を知ったときの心境は…? 元夫の裏切りや2度目の結婚から学んだことについてめずらしく語る

2022年11月14日
ダニエル・ラドクリフ Photo: Gary Mitchell/Shutterstock

ダニエル・ラドクリフ、『ハリー・ポッター』同窓会は最高だった! 約10年ぶりの再会でもっともうれしかった出来事とは・・?

2022年4月25日
ダコタ・ジョンソン

ダコタ・ジョンソン、有名人が一つの不祥事で過剰にバッシングされ、社会的に抹消される「キャンセル・カルチャー」にモノ申す! 「もうウンザリ」「人は変われる!」

2021年11月6日

テイラー・スウィフト、カニエ・ウェストとの論争で「消えろ」などとネットで酷評された過去を告白! 「君はキャンセル」の意味とは・・?

2019年8月9日
tvgrooveをフォロー!