ENTERTAINMENTFILMS/TV SERIESNEWS

ホグワーツ魔法魔術学校の「大広間」がお披露目! 「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 – メイキング・オブ・ハリー・ポッター」6/16(金)オープン

大広間 ホグワーツの教職員 ENTERTAINMENT
大広間 ホグワーツの教職員

「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 – メイキング・オブ・ハリー・ポッター」が、6月16日(金)の一般公開に先がけ、本日、「大広間」のセットを初公開した。

映画『ハリー・ポッター』でもっとも印象的な場所の一つである大広間は、10年間にわたる撮影を通して、祝宴の数々やクリスマス・ダンスパーティ、魔法対決など、数々のシーンの舞台となってきた。セットを設計するにあたり、美術監督のスチュアート・クレイグは、伝統的な英国建築の影響を取り入れた。石畳の床や細長い窓、木製の羽目板の壁は、英国オックスフォード大学のクライスト・チャーチ・カレッジからインスピレーションを得ている。

大広間 入り口

大広間 入り口

大広間 入り口

大広間 入り口

実在の建物からの影響を受けながらも大広間には、たくさんのキャンドルが宙に浮かぶ天井をはじめとするさまざまな魔法があった。撮影時には本物の炎を使って実現したのだが、キャンドルをつったワイヤーの1本に火がついたため、安全上の理由からこれらは視覚効果に置き換えられた。また、『ハリー・ポッターと賢者の石』の祝宴では、調理されたばかりのリアルな食事が用意されたが、イやなにおいを避けるために、1日に最低2回は肉を取り替える必要があったという。このことから、2作目以降は樹脂を流し込んで作ったフードサンプルに変更されている。

大広間

大広間

大広間

大広間

このセットは、英国でオリジナルの映画制作者たちによって丹念に作られた後、東京の新たな施設に慎重に輸送。小道具チームを率いるピエール・ボハナは「ハリーの組分け儀式からホグワーツの戦いまで、大広間は映画シリーズで非常に重要な役割を担っており、この象徴的なセットをワーナー・ブラザース スタジオツアー東京のために制作するのは喜びでした。ファンの皆さんが、あの扉を通って自分の目で魔法を見ることができるというのは、すばらしいことです」とコメントしている。

大広間 燭台

大広間 燭台

大広間 フクロウの演台

大広間 フクロウの演台

大広間 ホグワーツの制服

大広間 ホグワーツの制服

大広間小ネタ情報

・ 撮影時、大広間は300人以上の俳優たちが着席できるほどの広さでした。

・ 大広間のセットは、『ハリー・ポッター』映画シリーズのために最初に建設されたセットの一つで、ほぼ全ての『ハリー・ポッター』映画で主要なセットとして使用されました。

・ 初期の映画作品の撮影で、大広間のごちそうには本物の食べ物が使われていました。しかしまもなく、スタジオの熱い照明の下に何時間も置かれた食べ物は長持ちしないと判明し、後の作品では小道具制作部門が食べ物の模型を作ることになったのです。

・ 映画では、大広間にはたくさんのキャンドルが宙に浮かぶ魔法の天井があるように見えます。当初は本物の炎を使ってこれを実現していましたが、安全性を考慮し、CGI(コンピュータ生成映像)のキャンドルに変更されることになりました。

・ 先生たちのテーブルの後ろには寮別ポイント計があります。これはピエール・ボハナ率いる小道具制作部門が制作したもので、中には大量のカラーガラスビーズが入っています。オリジナルの小道具が制作されたとき、あまりにも多くのビーズが使用されたため、世界的にガラスビーズが不足する事態となったのです!

大広間 寮別ポイント計

大広間 寮別ポイント計

『ハリー・ポッター』“体験会”レポート

本日4月24(月)、『ハリー・ポッター』シリーズを代表する撮影場所のひとつである「大広間」のセットが完成。ハリー、ロン、ハーマイオニーがホグワーツ魔法魔術学校に入学した“11歳”の年齢にちなみ、地元練馬区の『ハリー・ポッター』ファンの11歳の子どもたちを招待し、セット制作の裏側などに触れ、「大広間」の魔法をいち早く体験していただきました。

ホグワーツ魔法魔術学校に入学したハリーや友人たちが初めて一堂に会し、組分けされ魔法学校の新入生として新たな生活を始めることになった「大広間」。扉を開けると、目の前に広がる壮大な「大広間」のセットに子どもたちは大興奮。体験会では、インタラクターと呼ばれるスタジオツアー東京の案内役が、実際のスタジオツアーの体験と同じように案内し、「大広間」のセットの知識や魅力、映画制作時の裏側について解説しました。映画シリーズや原作で『ハリー・ポッター』のファンになった子どもたちは興味深く参加し、ここでしか体験できない時間をお楽しみいただきました。

参加した子どもたちのコメント

・「映画のセットがひとつひとつ丁寧(ていねい)に細かく作りこまれていて感動した、スゴく貴重な経験ができた。映画の世界に入ったような気分になれる空間でスゴいなと思った」

・「床が本物であることや、天井の仕掛けなど映画ではわからなかったところも知ることができておもしろかった」

・「スケールが大きくて驚いた、セットがCGではなく本物でびっくりした」

・「初めて映画を見てから『ハリー・ポッター』が大好き。大広間のセットが全部すごくて感動した」

・「ハリー・ポッターは友達思いのところが好き。自分の成長と重ね合わせてみている。今日ここに来られてうれしい」

・「お母さんと一緒に『ハリー・ポッター』を見て好きになった。オープンしたら家族ときたい」

・「オープンしたら、ハリーたちが着ていた衣装をじっくり見てみたい。また絶対きたい」

参加スタッフのコメント

・Co-Production designer(共同プロダクション デザイナー)Neil Lamont(ニール・ラモント)

「プロジェクト開始から約1年かけて制作に関わる中で、東京のために再び作り上げたことは、改めて感動的な体験となった、映画シリーズでは裏側として制作していたものを皆様にみていただき、実際に立って頂いてうれしい」

・Head of Visitor experience(ヘッド オブ ビジター エクスペリエンス)小野里尚樹(おのざと なおき)

「壮大なセットや映画がどのように作られるかを学べるのは非常に大きな体験になると思いますので、ぜひ親子や三世代など、世代を選ばず遊びに来てもらいたい」

・Show Experience Team Leader(ショー エクスペリエンス チームリーダー)安藤 望(あんどう のぞみ)

「はじめてのビジターである子どもたちが大広間に入った瞬間の輝かな目や、楽しそうな表情を見ることができてうれしい、映画制作に携わったスタッフが再集結して、細部にまでこだわって作り上げたセットをぜひ楽しんでほしい」

スタジオツアー東京では、ただセットを見学するだけでなく、インタラクターとの会話を通して、世代を超えて愛される『ハリー・ポッター』という作品の魅力を楽しむことができる。テーマパークや博物館・美術館とは違う、スタジオツアー東京ならではの体験を楽しんでみてはいかがだろうか。

ワーナー ブラザース スタジオツアー東京とは?

2023年6月16日(金)に東京に初めてオープンする「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京」では、ホグワーツ魔法魔術学校の象徴的な大広間、ダイアゴン横丁、禁じられた森をはじめとする息を呑むような映画のセットにファンを誘い、映画制作の裏側を学びながら、魔法動物に遭遇したり、豪華な衣装を目にしたりすることができます。また箒(ほうき)に乗ったり、爽やかなバタービールを飲んだり、ホグワーツの廊下で動く肖像画になってみたり、クィディッチの試合の観衆に加わったり、スタジオツアー東京限定のグッズのショッピングなど、たくさんの楽しいアクティビティを満喫できます。

さらに、ここ「スタジオツアー東京」には、14のテーマに分かれた世界最大のハリー・ポッターのショップが登場します。店内は特別に作られた7,000を超える小道具で装飾されており、ハニーデュークス、 オリバンダーの店、フローリシュ・アンド・ブロッツ書店をはじめとするダイアゴン横丁の数々のお店のエレメントからインスピレーションを得た美しいデザインが施されています。ここでしか手に入らない限定アイテムも数多く販売されます。またレストランやカフェでは、フィッシュ・アンド・チップス、ローストビーフ、イングリッシュ・ブレックファーストやアンブリッジ教授のアフタヌーンティーなど英国の伝統料理をお楽しみいただけます。

アジアでは初のオープンとなり、「ハリー・ポッター」の屋内型施設としては世界最大規模の大きさを誇るこの施設をまわるのには、4時間ほど要します。2012年のオープン以来、ご好評をいただいている「ワーナー ブラザース スタジオツアーロンドン – メイキング・オブ・ハリー・ポッター」の成功に続き、「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京」では、東京でしか見られないセットも用意されており、他では味わえない体験を得ることができます。

■チケット情報

スタジオツアー東京のチケットは公式ウェブサイト(https://www.wbstudiotour.jp/tickets/)でお求めになれます。チケット料金は下記の通りです。

大人:6,300円
中人:5,200円
小人:3,800円

※全てのチケットは事前予約が必要となり、スタジオツアーでの購入はできません。

魔法ワールドとは?

少年だったハリー・ポッターが、キングスクロス駅の9と3/4番ホームに連れて来られてから年月は流れ、ハリーが体験した数々の冒険はポップカルチャーに他に類をみない“痕跡”を残しました。J・K・ローリングの原作に基づく、大ヒット映画となった8作の『ハリー・ポッター』シリーズは、この魔法の物語に息を吹き込み、『ハリー・ポッター』魔法ワールドは世界中で最も愛されるフランチャイズの一つとなりました。さらに、壮大な世界は、映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズ3作品、数々の賞に輝く舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」、最先端をいくポートキー・ゲームズのビデオゲーム&モバイルゲーム、革新的なコンシューマープロダクツ、4つのテーマパークを含むスリリングなライブ・エンターテイメント、そして洞察に満ちた展覧会へと広がりを見せています。また、ワーナー ブラザース「ハリー・ポッター」魔法ワールドのポートフォリオには、最新のフラッグシップストア「ハリー・ポッター ニューヨーク」、「スタジオツアーロンドン – メイキング・オブ・ハリー・ポッター」、「スタジオツアー東京 – メイキング・オブ・ハリー・ポッター」、リテールショップ「プラットフォーム 9 3/4」も含まれます。『ハリー・ポッター』魔法ワールドはこれからも進化を続け、新鮮で心躍る魔法の世界へ『ハリー・ポッター』シリーズのファンを引き込み、世界中のファンコミュニティそして次世代の人々を、自らが魔法を発見する冒険へご招待します。

WIZARDING WORLD and all related trademarks, characters, names, and indicia are © & ™ Warner Bros. Entertainment Inc. Publishing Rights © JKR. (s22)

▼魔法ワールド最新情報はこちら▼

公式サイト:https://warnerbros.co.jp/franchise/wizardingworld/

魔法ワールド公式ツイッター : @wizardingw_jp

ワーナー ブラザース・ディスカバリー

ワーナー ブラザース・ディスカバリー(Nasdaq:WBD)は、テレビ、映画、ストリーミングなどあらゆるポートフォリオを埋めるたくさんの作品とユニークなブランドを持つ、世界をリードするメディアでありエンターテイメントを提供する企業です。我々が制作し配給する番組やサービスは220以上の国や地域、50以上の言語に対応しており、代表的なブランド、ネットワークを通じて世界中の皆さまに情報やインスピレーションを与え、笑いと感動を提供しています。ワーナー ブラザース・ディスカバリー傘下の主なブランド、ネットワークは以下の通りです。

ディスカバリーチャンネル、discovery+、CNN、DC、Eurosport、HBO、HBO Max、HGTV、Food Network、OWN、Investigation Discovery、TLC、Magnolia Network、TNT、TBS、truTV、旅チャンネル、MotorTrend、アニマルプラネット、Science Channel、ワーナー・ブラザース映画、ワーナー・ブラザーステレビジョン、ワーナー・ブラザースゲームス、ニュー・ライン・シネマ、 カートゥーン ネットワーク、Adult Swim、ターナークラシック映画、Discovery en Español、 Hogar de HGTV、そのほか詳細については、www.wbd.comをご覧ください。

WIZARDING WORLD characters, names, and related indicia are © & ™ Warner Bros. Entertainment Inc. Publishing Rights © JKR. (s22)

tvgrooveをフォロー!