ロバート・ダウニー・Jr版「ドクター・ドリトル」リブート、かなり大幅な撮り直し! 監督陣に新たなヘルプが加わる

人気を博した映画「ドクター・ドリトル」のリメイク版「The Voyage of Doctor Dolittle(原)」が、大幅な追加撮影をしたことが明らかとなった。

「ドクター・ドリトル」は、1998年にエディ・マーフィ主演で製作されたコメディ映画が知られる、児童文学を原作としたシリーズ。動物と会話ができる超能力を持ったドクター・ジョン・ドリトルが様々な動物たちを救うといったストーリーで、リブート版では「アベンジャーズ」などで知られる俳優のロバート・ダウニー・Jrが主演を務める。

1億7500万ドル(約192億円)という巨額の予算が使われている同作、キャストはロバート・ダウニー・Jrのほかにセレーナ・ゴメス、トム・ホランド、ラミ・マレック、エマ・トンプソン、アントニオ・バンデラスその他そうそうたる大スターがキャスティングされている。

主要キャスト一覧

当初2019年4月に公開予定であった今作だが、この時期は「キャプテン・マーベル」「アベンジャーズ/エンドゲーム」などの大作と公開が重なることを危惧し、公開を2020年1月に大幅に延期した。

Colliderによると今回、追加撮影が行われたことが明らかに。これほど大規模な映画で追加撮影はよくあることだというが、それでも珍しいほど大幅な撮り直しとなったという。

追加撮影をした理由は、初期編集版を見たユニバーサルのプロデューサーがヴィジュアル・エフェクトとコメディの要素に問題を感じ、「レゴバットマン ザ・ムービー」を監督したクリス・マッケイ「ミュータント・タートルズ」の監督を務めたジョナサン・リーベスマンに協力を依頼したこともあるという。

今回の「ドクター・ドリトル」リブートの監督であるスティーヴン・ギャガンは、映画「トラフィック」の脚本でアカデミー賞を受賞した有能な監督だが、ファミリー向けコメディを制作した経験はないため、なぜ彼を起用したのか疑問に思う声も上がっている。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」、90年代だったらトム・クルーズがアイアンマンに!? とあるアートが話題[写真あり]

2019.05.13

[※ネタバレあり]「アベンジャーズ/エンドゲーム」監督がネタバレ解禁宣言! ロバート・ダウニー・Jrらキャストたちが続々と動画公開[動画あり]

2019.05.08

「アベンジャーズ」出演者のギャラ事情が明らかに! ロバート・ダウニー・Jrのこれまでの驚愕出演料は・・・?

2019.05.02

クリス・エヴァンスは、キャプテン・アメリカ並みにデジタル機器が苦手! 「もう勘弁して!」の嘆きに、ロバート・ダウニー・Jrは…

2019.01.09

「MCU」人気キャラクター ロキ、実は密かに【いいやつ】になっていた?! 過去の悪行は「ぜんぶ、サノスのせい」

2019.01.03