オースティン・バトラー、エルビス・プレスリーの伝記映画で主演に決定! ハリー・スタイルズやアンセル・エルゴートらの強力な候補をおさえ抜擢

エルビス・プレスリー(左)、オースティン・バトラー

映画「ムーラン・ルージュ」、「華麗なるギャッツビー」などで知られるバス・ラーマン(56)監督の新作映画で、伝説の歌手エルヴィス・プレスリーの伝記映画の主人公に、俳優のオースティン・バトラー(27)が決定した。

バズ・ラーマン監督は7月15日、自身のインスタグラムを更新。写真の一枚目はエルビス・プレスリー本人で、二枚目にオースティン・バトラーと2人の写真を投稿し、エルビス・プレスリー役をオースティンが演じることを発表した。

View this post on Instagram

➡️

A post shared by Baz Luhrmann (@bazluhrmann) on

エルビス役には「きっと、星のせいじゃない。」などで知られるアンセル・エルゴート、マイルズ・テラー、「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズら強力なキャストが候補としてあがっていたが、オースティンが見事にエルビスの座を勝ち取った。

また、プレスリーを発掘し、マネージャーを務め、スターに育てたマネージャーのトム・パーカーは、大御所俳優のトム・ハンクスがつとめることが決定している。同作では、プレスリーとマネージャーとの関係が主に描かれると言われている。また脚本は、ラーマン監督と何度もタッグを組んでいるクレイグ・ピアースがつとめる。

オースティン・バトラーは2011年より女優・歌手のヴァネッサ・ハジェンズと交際している。ヴァネッサ・ハジェンズはこのバズ・ラーマン監督の投稿に王冠やバンザイの絵文字でコメントしている。また自身のアカウントにも、このニュースのスクリーンショットを投稿し「超超超月の向こう側な気分!待ちきれない!ハニーが本当に誇らしい」と、オースティンを祝福している。

オースティンはこれまで映画「エンド・オブ・ハイスクール」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」や、ドラマ「シャナラ・クロニクルズ」などに出演してきたが、今回エルビスの伝記映画が彼の中でも最大規模のキャリアとなる。オースティンがどんなエルビスを演じてくれるか、注目だ。

「1D」ハリー・スタイルズ、なんとエルヴィス・プレスリー伝記映画の主役候補に! バズ・ラーマン監督の新作映画が話題

2019年7月2日

映画「ロケットマン」、エルトン・ジョン本人&主演タロン・エガートンらがカンヌ国際映画祭に参加! 上映会&名曲「ロケットマン」デュエット披露、割れんばかりの拍手にタロン思わず涙[動画あり]

2019年5月23日

映画「ロケットマン」サウンドトラック、エルトン・ジョン&主演俳優タロン・エガートンが夢の共演! 新曲「「(I’m Gonna) Love Me Again」がリリース[音源あり]

2019年5月17日
映画「ボヘミアン・ラプソディ」

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の編集はヒドすぎる!? 不自然なシーンを検証する動画が話題に[動画あり]

2019年3月19日

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のキャストがYouTubeチャンネルを開設! 仲が良過ぎてケンカになる爆笑ストーリーを公開[動画あり]

2019年3月12日