米LA“セツナポップ・バンド”LANYが2度目にして全公演ソールドアウトのジャパン・ツアー敢行! 撮れたてライヴ写真が到着

20190807-LANY@Zepp-DiverCity
20190807-LANY@Zepp-DiverCity

米・ロサンゼルス発のシンセポップ・バンドLANY(読み方:レイニー)が今週、最新アルバム『マリブ・ナイツ』を引っ提げて、大阪と東京にて2度目となる来日公演(来日自体は3度目)を敢行した。

大阪は梅田CLUB QUATTRO、東京はZepp DiverCityという、2度目の来日公演としては大きめのキャパシティーのライヴハウスにも関わらず、チケットは2ヶ月も前に早々とソールドアウト。8月7日(水)に行われた東京でのライヴ写真が本日、到着した。

LANYは、ポール ・クライン(Paul Klein: Vo, Keys, Gt)、レス・プリースト(Les Priest: Keys, Gt, Cho.)、そしてジェイク・ゴス(Jake Goss: Drs, Sampling Pad)の3人。米・ナッシュヴィルの大学で知り合い、2014年に結成。現在は、ロサンゼルスに拠点を移し、音楽活動を行っている。2014年にLANYとして4日間かけて2曲をレコーディングし、インターネットにそれらをアップした6日後には、複数の大手レーベルから問い合わせやオファーのメールが舞いこみ、後にポリドール・レコードと契約。2017年6月に発表したデビュー・アルバム『LANY』は、全米トップ・ロック・アルバム・チャートで最高5位を獲得。昨年リリースされたデビュー作としては、同チャートでプロフェッツ・オブ・レイジに次ぐに次ぐ好成績を収めた。

前作発表時から激動の1年間の実体験を元に、Vo.ポールを中心に作られた2ndアルバム『マリブ・ナイツ』(2018年10月発売)は、“愛”がテーマ。今作を制作中にロサンゼルスのマリブ地方に住んでいたポールが当時失恋を経験し、マリブで過ごした切ない夜に書き溜めたストーリーだ。一度でも人を愛したことがある人なら、誰しもが共感できるであろう。LANYの楽曲は、美しく、切なく、儚いメロディー、そしてそれを助長するポールの美しい歌声はもちろんのこと、そのこっぱずかしいほど赤裸々で等身大な歌詞が本国アメリカを中心の全世界の若者の心を打ち、共感を生んでいる。今日までに、2作品合わせて世界中で150万枚のアルバム・セールスを記録している、今後が非常に楽しみなバンドだ。

8月7日(水)― ライヴは、最新アルバムより最も明るい「シック・アンド・シン」でスタート。続けて日本デビュー・シングルでありバンドの代表作である「グッド・ガールズ」、そしてインディー時代の代表曲「フォーエヴァー!」、「イエー・ベイブ・ノー・ウェイ」とLANYの楽曲の中でもアップテンポめな曲でVo.ポールと共に観客はジャンプなどし、会場は一気に興奮の渦へ。約90分間行われたライヴはその後も次々と曲がパフォーマンスされていく訳だが、特筆すべきは、1stと2ndアルバムで構成された新旧織り交ぜた楽曲群にも関わらず、シンセサイザーで余韻を残したりなどし、曲と曲の間の繋ぎが素晴らしく自然で、まるで90分間の1曲のメドレーを聴いているような感覚をも覚えさせるほど心地よく、美しい空間だった。

ライヴ中盤、「13」が終わると同時にポールが「みんな、いる?」「みんな元気?いい感じ?」「日本大好き!みんな大好き!」と日本語をお披露目し、予想だにしていない展開に会場は一気にヒートアップ。更に「ジェイクさんです」「レスさんです」「(僕は)ポールさんです」「(僕たちは)LANYです」と自己紹介し、更に「バンザイ!」で締めるという、バンドの日本愛が垣間見られた、愛おしい瞬間だった。

美しい音色のシンセサイザー、そして優しいギターに、ポールの柔らかくも力強い美声が絶妙なバランスで保たれたLANYのライヴは聴覚的にはもちろん、CDのアートワーク同様、ストリート・カルチャーや現代アートからインスピレーションを受けているであろう美しい映像が、バンドの後ろに設置された天井から床までの巨大なスクリーンに投影されており、視覚的にも実に美しいライヴだった。中でも、本編最後に披露されたアルバムのタイトル・トラック「マリブ・ナイツ」では、ポールのバラードに乗せて満点の星空がバック・スクリーン全面に映し出され、観る者にまるで夜中にマリブにいるような疑似体験をもさせた。

事実、「LANYのライヴに行ったけど、真夏なのに、心地よいサウンドと美しい映像、そして風が吹いているような演出?錯覚?で、海外で、夜野外ライヴを聴いている感覚だった。こんなライヴは初めてだった」という声が公演終了後にツイッターなどのSNSにて多数目撃された。

2ndアルバム『マリブ・ナイツ』を引っ提げてLANYが昨年より行っているワールド・ツアーは、まもなく閉幕を迎える。果たして次のアルバムのテーマやサウンドは?また、早くも次の来日公演にも期待したい。

◆LANY来日公演のセットリストのプレイリスト:https://t.co/RLc3skDjjg?amp=1

【動画】LANY「シック・アンド・シン」ミュージック・ビデオ

リリース情報

LANY 最新アルバム『マリブ・ナイツ』発売中

日本盤CD:UICP-1185 / \2,500+税 / 日本盤ボーナス・トラック収録 / 解説・歌詞・対訳付
https://lany.lnk.to/MalibuNights

<<トラックリスト>>
1. シック&シン / Thick & Thin <シングル>
2. テイキング・ミー・バック / Taking Me Back
3. イフ・ユー・シー・ハー / If You See Her
4. アイ・ドント・ワナ・ラヴ・ユー・エニーモア / I Don’t Wanna Love You Anymore <シングル>
5. レット・ミー・ノウ / Let Me Know
6. ラン / Run
7. ヴァレンタイン・デイ / Valentine’s Day
8. スルー・ディーズ・ティアーズ / Thru These Tears <シングル>
9. マリブ・ナイツ / Malibu Nights
10. アイ・ドント・ワナ・ラヴ・ユー・エニーモア(ライヴ・アット・コンウェイ・スタジオ) / I Don’t Wanna Love You Anymore (Live at Conway Studio) *
*日本盤ボーナス・トラック

【公式LINKS】
・日本公式サイト:http://lany.jp
・海外公式サイト:http://thisislany.com/
・公式twitter:https://twitter.com/thisislany
・公式facebook:https://www.facebook.com/thisislany/
・公式instagram:https://www.instagram.com/thisislany

「1D」ナイル・ホーラン、待望の新曲「Nice To Meet Ya」を来月リリース決定! さらにイベントで別の新曲も披露[写真・動画あり]

2019年8月8日
ザ・チェインスモーカーズ

日本初開催! ザ・チェインスモーカーズに会える! ファン・イベント開催決定&本日招待キャンペーンがスタート

2019年8月8日
チャーリーXCX

チャーリーXCX、5年ぶりのニュー・アルバム「チャーリー」の国内盤が9月13日にリリース! ボーナストラック3曲が追加収録

2019年8月8日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、新作「Lover」発売記念「テイラー検定」が登場! アルバム発売日の前日にはセントラル・パークでのライブ実施も決定

2019年8月7日
ダヴ・キャメロン/© Disney

ダヴ・キャメロン、9月上旬に映画 「ディセンダント3」をひっさげ2度目の来日決定! ディズニー・チャンネルの放送に先駆けディズニーデラックスにて9月13日(金)より先行配信へ

2019年8月7日
エド・シーラン

エド・シーラン、書き下ろし楽曲が聴けるのは映画「イエスタデイ」本編のみ! あのアルバム収録曲の秘話も明らかに…

2019年8月6日