Netflix「クィア・アイ」のメンバーであるジョナサン・ヴァン・ネスがHIV陽性であることを告白! その心境を語る

ジョナサン・ヴァン・ネス

Netflix オリジナル作品「クィア・アイ」の“ファブ5”の1人として知られるジョナサン・ヴァン・ネス(32)が、HIVで陽性反応が出たことを告白した。自身の自伝本「Over the Top」の中で伝えている。

「クィア・アイ」は、ファビュラスな5人、通称“ファブ 5”のフード&ワイン担当のアントニ、インテリア担当のボビー、美容担当のジョナサン、カルチャー担当のカラモ、ファッション担当のタンが、悩み自信を失った人たちを大改造して、魅力的に生まれ変わらせるリアリティ番組だ。彼らは全員ゲイで、個性的なアイディアとそれぞれがその分野のプロフェッショナルであり、独自の視点とユーモアあふれる展開、そして弱者の立場に立った言葉が人々に感動を与え、高く評価されている。

そんな人気番組に出演している、美容担当のジョナサン・ヴァン・ネスが、HIVで陽性反応が出たことを告白した。

今回ジョナサンは、9月24日に出版する自伝本「Over the Top」の中で、過去に性的暴行の被害に遭ったことや、ドラッグ依存を乗り越えたことなど壮絶な過去を赤裸々告白。その中でHIV陽性であることも初告白した。

ジョナサンがまだ25歳で美容院で働いている時、仕事場で失神してしまったのだという。インフルエンザのような症状になったジョナサンは、プランド・ペアレントフッド(人工妊娠中絶手術、避妊薬処方、性病治療などを行っている医療サービス非営利組織)へ行って検査をしたところ、HIV陽性反応が出たという。

本の中でジョナサンは「(HIV陽性を宣告された)あの日は、あなたが思うくらいに壊滅的だった」と明かしているが、現在は「自分が美しいHIV陽性コミュニティーの一員であることを誇りに思う」ともつづっている。

さらに本の中でジョナサンは、若い頃教会の年上の男の子から性的暴行を受けたことや、同性愛者であることで学校でイジメに遭った経験、10代の時性行為のためにオンラインで年上男性に会ったこと、義理の父の死の後ショックで過食症になってしまったこと、またコカインを買うためにお金のために大学で体を売ったことなど、壮絶な過去を赤裸々に書きつづっているという。

ジョナサンはこれらを告白するに至ったことについて「自分が世間に公にしていないことを自分が思うようにオープンにすることは難しいの。これらは話すべき問題よ」と、その決意を語っている。

「クィア・アイ in Japan!」

“ファブ5”ついに日本上陸! 「クィア・アイ in Japan!」11月1日(金)配信決定! 世界的ヒットの笑いと涙の人生改造リアリティ番組・日本が舞台のスペシャルシーズン 特別映像&全員集合のオフショット画像公開

2019年9月6日

デミ・ロヴァート、Netflixの新作映画「ユーロビジョン」に出演決定! いったいどんな内容の映画?[動画あり]

2019年8月21日

NETFLIXの人気映画「好きだった君へのラブレター」の続編タイトル&配信日がついに発表! さらに新たなビッグニュースも[動画あり]

2019年8月16日

ヘンリー・カヴィル主演Netflixシリーズ「ウィッチャー」、凄腕モンスターハンターが降臨! コミコン大熱狂の胸アツ予告編が到着

2019年7月29日

Netflix「クィア・アイ」シーズン4、世界的ヒットの笑いと涙の人生改造リアリティ番組が待望の新シーズンへ! 名言続出で涙腺崩壊確実の予告編が到着[動画あり]

2019年7月11日
tvgrooveをフォロー!