スペシャルゲストアクトとしてマーク・ロンソンが登場! 星野源NY公演「Gen Hoshino POP VIRUS World Tour」

星野源

星野源のワールドツアー「Gen Hoshino POP VIRUS World Tour」、先日の上海公演に続く2本目となるニューヨーク公演が11月25日、マンハッタンに位置するSony Hallにて開催された。スペシャルゲスト・アクトとしてマーク・ロンソンを迎え、さらに星野のステージには“Same Thing”でコラボレーションを果たしたSuperorganismのオロノがサプライズで登場してライブ初共演を果たすなど、特別な一夜となったこの日の模様を有泉智子氏(MUSICA編集長)がレポート。

初のニューヨーク公演はソールドアウト。当日は会場であるSony Hallのスタッフ達も「こんなことはオープン以来初めてだ」と言うほどに、朝早い時間帯から長蛇の列ができていた。

まずはスペシャルゲスト・アクトとして名を連ねたマーク・ロンソンのステージから。星野とマークは2018年12月に幕張メッセ以来、二度目の共演。今回はなんと4人のシンガーを招聘してのライブとなった。しかもその内のひとりは、新たなポップアイコンとして現在加速度的に注目を集めているキング・プリンセス。マーク自身はアップライトピアノやキーボード、ギターをプレイしつつ、この日のための特別なライブを繰り広げた。

その後20分ほどの転換を挟み、21時過ぎから星野源のライブがスタート。暗転と同時に上がった歓声に迎えられ、メンバーが登場。この日のチケット購入者はほとんどが北米在住のお客さんとのことだが、オーディエンスの熱気から本当に待ちに待った公演であったことが伝わってくる。割れんばかりの歓声の中、スッと深く息を吸い込んで歌い始めた星野のその声を皮切りに、ホール全体が大きくグルーヴしていった。

今回のニューヨーク公演のバンドメンバーは、長岡亮介(Gt/ペトロールズ)、河村“カースケ”智康(Dr)、櫻田泰啓(Key)、石橋英子(Key)、STUTS(MPC)という、ドームツアーでも星野と共に音楽を響かせたお馴染みのメンツに加え、ベーシストとして三浦淳悟(B/ペトロールズ)が参加。ホーンやストリングスが入らない編成でのライブは2014年のツアー以来となるのだが、たとえばこの日「I dedicate this song to Michael Jackson.」という星野のMCと共に演奏された“SUN”、あるいは“地獄でなぜ悪い”のような曲が、この編成で演奏されることでまた新鮮な表情を見せたのが印象的だった。音の構成がソリッドであるが故に、星野楽曲の骨格にあるファンク/ジャズ/ソウルに対する解釈と音楽的昇華が、いつも以上に前に出る形で響いてくる。

星野の歌唱も、とてもいい。集中力がありながらも風通しのいい、星野自身がバンドの演奏、オーディエンスとのグルーヴ、そしてそこに生まれてゆく音楽に心躍らせながら歌っていることが伝わってくる、そんなパフォーマンス。ステージもフロアもとにかく熱量が高い。演奏の熱とその抜群の気持ちよさにオーディエンスがどんどん惹きこまれて場の熱が増し、それによってまたミュージシャンの熱も音楽の熱も増していくような、その循環が天井知らずに繰り返されていくような、とても幸福で密度の高い音楽的な熱狂がぐんぐんと膨らんでいった。

サプライズ・ゲストとしてSuperorganismのオロノが登場し、一緒に歌い鳴らした“Same Thing”ではこの日一番の大きなシンガロングが発生。バンド編成で巧みにリアレンジされた演奏、そして満面の笑顔で歌い叫ぶ観客の歌声も含め、一夜限りの特別な音楽とそれを共にシェアし合う喜びが、ここに確かに生まれていた。それはまさに、星野源が『Same Thing』というEPを通して体現したことの本質を、見事表していたように感じられた。

星野が生み出したPOP VIRUSは、様々なボーダーを超え、今も広がり続けている。そんなことを大きな幸福感の中で強く感じさせる夜だった。


【作品概要】
星野源
NEW EP『Same Thing』
OUT NOW

1 Same Thing (feat. Superorganism)
2 さらしもの (feat. PUNPEE)
3 Ain't Nobody Know
4 私
https://jvcmusic.lnk.to/samething

【星野源- Ain’t Nobody Know Official Lyric Video】

【星野源- さらしもの(feat.PUNPEE) Official Lyric Video】

【星野源- Same Thing(feat.Superorganism) Behind The Scenes】


【星野源- Same Thing(feat.Superorganism) Official Video】

【ツアーインフォメーション】
○星野源 POP VIRUS World Tour
2019.11.23 上海 National Exhibition and Convention Center Hong Arena
2019.11.25 ニューヨーク Sony Hall Special Guest MARK RONSON
2019.12.09 横浜 Yokohama Arena
LIVE in JAPAN 2019 Gen Hoshino × MARK RONSON ※SOLD OUT
2019.12.10 横浜 Yokohama Arena
LIVE in JAPAN 2019 Gen Hoshino × MARK RONSON ※SOLD OUT
2019.12.14 台北 Legacy MAX ※SOLD OUT

【Information】
星野源 オフィシャルサイト: http://www.hoshinogen.com/
星野源 オフィシャルInstagram:https://www.instagram.com/iamgenhoshino/
星野源 オフィシャルTwitter: https://twitter.com/gen_senden
星野源 Facebookページ: https://www.facebook.com/genhoshino.official/
星野源 YouTube オフィシャルチャンネル https://www.youtube.com/c/hoshinogenCh

■星野源プロフィール
1981年、埼玉県生まれ。音楽家・俳優・文筆家。

2010年に1stアルバム『ばかのうた』にてソロデビュー。2015年12月にリリースしたアルバム『YELLOW DANCER』がオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得。
2016年10月にリリースしたシングル『恋』は、自身も出演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌として社会現象とも呼べる大ヒットとなる。
2017年8月に10枚目となるシングル『Family Song』をリリースし、オリコン週間シングルランキングにて自身初の1位を獲得、同年度のソロアーティストによるシングル作品として最高売上枚数を記録する快挙となった。
2018年は国民的アニメ映画「映画ドラえもん のび太の宝島」の主題歌、挿入歌を担当。さらに4月から放送のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の主題歌『アイデア』は初の配信リリースながら大ヒット、12月19日には約3年ぶりとなる5th Album『POP VIRUS』をリリース、同年のソロアーティストのアルバム作品の初週最高売り上げを記録するなど、オリコン/ビルボードなど主要ランキングで軒並み1位を獲得し、現在も大ヒットを記録中。
2019年2月からは自身初の5大ドームツアー「星野源 DOME TOUR 2019 『POP VIRUS』」を開催、日本人男性ソロアーティストとして5人目の快挙となる同ツアーは計33万人を動員。
ツアーの模様を収録した映像作品『DOME TOUR “POP VIRUS” at TOKYO DOME』がオリコン映像ランキング3部門で映像作品として4作連続1位を獲得し、「映像3部門同時1位連続獲得作品数」「~通算1位獲得作品数」の男性ソロアーティスト歴代1位の記録を樹立した。8月30日に全楽曲のストリーミング配信を解禁、さらにワールドツアーの開催を発表し大きな話題を呼んでいる。

俳優として、映画『箱入り息子の恋』(13/市井昌秀監督)、『地獄でなぜ悪い』(13/園子温監督)等に出演し、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞等の映画賞を多数受賞。ドラマ『コウノドリ』シリーズ(TBS)、大河ドラマ『真田丸』(16/NHK)、『逃げるは恥だが役に立つ』(16/TBS)、『プラージュ』(17/WOWOW)など出演作多数。アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』(17/湯浅政明監督)では声優として初主演を務め、アニメ映画『未来のミライ』(18/細田守監督)にも出演。2019年8月30日には主演映画「引っ越し大名!」が公開し大ヒット中。

また、作家として著書『蘇える変態』、『働く男』、『そして生活はつづく』、『星野源雑談集1』『いのちの車窓から』を刊行。幅広い活動が評価され、2017年3月には第9回伊丹十三賞を受賞した。

2016年3月からはニッポン放送でレギュラー番組「星野源のオールナイトニッポン」がスタート。2017年には第54回ギャラクシー賞ラジオ部門 DJパーソナリティ賞を受賞した。

マーク・ロンソン、「サピオセクシャル」であることを告白! ところでサピオセクシャルって一体なに…?

2019年9月24日
星野源、マーク・ロンソン

星野源&マーク・ロンソン、ダブル・ヘッドライナー・ショー再び開催決定! さらに星野源が単独で行うNY公演にスペシャルゲストとしてマーク・ロンソンが参加

2019年8月30日

カミラ・カベロ、マーク・ロンソンとのコラボ曲「ファインド・ユー・アゲイン」映画のようなMVが公開! 追っ手から逃げるカミラ、結末はいかに?[動画あり]

2019年7月10日

グラミーに7度輝く世界的プロデューサー、マーク・ロンソン 待望の新作は失恋の物語 ー マイリー・サイラス、カミラ・カベロ、アリシア・キースらを迎えたニューアルバム『レイト・ナイト・フィーリングス』がついにリリース

2019年6月21日
マーク・ロンソン

カミラ・カベロ、マイリー・サイラスら豪華ゲストが多数参加したマーク・ロンソンの新作「Late Night Feelings」がついに世界同時発売! 日本のファンへメッセージ動画も到着

2019年6月21日
tvgrooveをフォロー!